お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日

BLOG

ドクターズブログ

成人下顎前突症(反対咬合、受け口)、その原因と放置するとどうなるか?

成人の下顎前突症(反対咬合、受け口)の矯正治療

受け口とは

成人の患者様で上の前歯に比べて下の前歯が前方にある状態を“受け口”と一般的に言われています。“反対咬合”、“下顎前突”とも言います。これすべてが同じ事を指します。

受け口になってしまう原因

骨格が原因で受け口になっている場合

成人の患者様には成長発育がありません。上下の顎骨の前後方向の位置関係は変化しません。これが原因で起きている受け口を骨格性下顎前突と言います。根本的に顎骨の位置を改善するには外科手術が必要になります。手術しなければ歯の傾斜角度を変える事によってかみ合わせを改善させます。これには精密検査をして前歯の傾斜角度を把握しておく必要があります。

 

前歯の傾斜角度で受け口になっている場合

上顎前歯が内側に傾斜している。あるいは下顎前歯が外側に傾斜している場合も受け口になります。

※実際には骨格性と歯の傾斜角度の両者が混合して起きている場合がほとんどです。

初めて来られた患者様の質問に他の歯科医院で “手術をしなければ治らないと言われた”と言ったものがあります。下顎前突だから外科手術をしなければならないという事はありません。矯正だけで治療が可能な場合が圧倒的に多いです。

放置すうとどうなるのか?リスクは?

前歯がうまくかみ合う事ができません。そのために前歯で物が噛み切れないという症状を訴える患者様もいます。日本人にとって受け口は大変気になる不正咬合です。日本人は白人とほど下顎骨が発達しいません。そのために下顎骨の位置は白人と日本人の標準値にも違いがあります。よくE-lineについてのご質問があります。これも白人と日本人では違いがあります。世界共通ではありません。日本人の下顎骨の位置は後退しています。相対的には出っ歯になります。従って白人は出っ歯を気にします。しかし日本人は受け口を気にします。実際に受け口を気にする人は多くいます。出っ歯には比較的に寛容な所が日本人にはあります。社会生活を営む上で変なニックネームつけられる。そんな事を耳にする事があります。私はこれもこの不正咬合のリスクだと思っています。精神的なダメージという事も心配です。

 

受け口の治療

矯正治療のみで治療した受け口(下顎前突)

3軒ほど矯正専門歯科医院のカウンセリングを受けられたそうです。そのすべての歯科医院で外科手術が必要だと言われました。しかし、私どもからすると “え、そうですか? 外科手術したいですか?” と逆にお聞きしました。外科矯正の症例ではありません。反対咬合イコール外科手術と矯正歯科医も思っているのでしょか?確かに外科手術と矯正治療だけというのにはボーダーライン上の症例というのもあります。しかし、この患者様は矯正治療だけで十分です。

 

少し下顎骨が上顎骨よりも前方に位置していますが、外科手術(外科矯正)の適応症ではありません。実際には下顎の第一小臼歯だけを抜歯させて頂いてリンガルブラケットで治療しました。

もう少しで装置が外す事ができます。上下リンガルブラケットが装着されています。アンカースクリュウなどの不要な装置は使用していません。

噛み合わせも横顔も改善しました。御本人も大変満足してくれました。

 

外科手術で治療した受け口(下顎前突)

上下の顎骨の前後関係に差が大きい場合はこれは手術の併用をお勧めしています。年齢は18歳以降がその適応になります。18歳になれば上下の顎骨の成長もも落ちつきます。それほど大きな成長はありません。手術した後に成長したのでは後戻りした事になってしまいます。もちろん横顔も大きく変化するので、ご本人の希望も聞いた上での決定となります。治療の順序としては以下の4つの段階にわかれます。

1.精密検査、患者様へ現状の説明、治療法、口腔外科医の紹介

.手術前の矯正治療:アイ矯正ではリンガルブラケットを使用して装置が見えないように治療していきます。

3.口腔外科医による手術:口腔外科医とは矯正治療に入る前の段階で、どんな手術を行うか?骨の移動量をどのくらいにするか?など密接に連絡を取ります。これは治療の成功には重要な事です。現在は上顎骨、下顎骨ともに手術を行う事がほとんどです。

.手術後の矯正治療:手術後に噛めるように歯は排列しておきます。しかし、最初の状態ですべてが排列できるわけではありません。そこで手術が終わり顎骨の位置が決まってから緊密な咬合、微調整のための矯正治療をおこないます。

.保定:通常の矯正治療と同じように保定は必要になります。リテーナーを装着していただきます。

上記のような過程を経て治療を行っていきます。では手術が終わった3段階目の状態を見て頂きます。

お顔立ちも改善しました。

赤い部分が手術による変化を示しています。外科症例もアイ矯正ではリンガルブラケットを使用して治療しています。これだけの変化があれば手術を受ける価値があると言えるかもしれません。リンガルブラケット見えない矯正治療でも受け口の治療は可能です。

学会発表およ論文

著書

“Welcome to Fujita Methd” The Philosophy and Art of  the Lingual Bracket Treatment. p.201-234. 2020.2 Dentos co. Ltd.

リンガルブラケット、見えない矯正治療の本を出版しました。

論文

Multilingual bracket treatment combined with orthognathic surgery in a skeletal class III patient with facial asymmetry. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 1999; 115(6): 654-659 (アメリカ矯正歯科学会誌)

 

Fukui T, Tsuruta M. Invisible treatment of a Class III female adult patient with severe crowding and cross-bite. J Orthod. 2002; 29(4): 267-275.(イギリス矯正歯科学会誌)

学会発表

リンガルブラケットによる成人骨格性下顎前突の治療について. 60回日本矯正歯科学会大会,3回国際会議,東京国際フォーラム,2001108,11.

 

1. Vertical control. 2. Open bite case. 3. Telescopic occlusion case II. 4. Lingual bracket. 5. Skeletal Class III case. The UDF (Ulsan Dental Forum) International Dental Seminar, Ulsan, Korea. 2000.7.7.

 

リンガルブラケット装置の外科矯正治療適応に関する臨床的検討.第56回日本矯正歯科学会大会,東京国際フォーラム,1997929,30.

治療例

治療例No.188 外科矯正 開咬 下顎前突

治療例No.233 反対咬合

治療例No.188 反対咬合 下顎前突 非抜歯

 

 

一覧へ戻る

page top