初回カウンセリングを予約する
お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日

BLOG

ドクターズブログ

口ゴボとは?特徴と治し方

口ゴボとは?特徴と治し方

口ゴボとは?ゴボ口?

この言葉は

最近になって患者様からよく聞くようになりました。口もとがゴッボとしていると言った見た目から来た言葉のようです。以前はありませんでした。また矯正歯科医も使わない言葉でした。こういった言葉の中にbuccal corridor(バッカルコリドー)と言われる言葉もあります。これも患者様から言われて驚いた経験があります。この言葉は元々は義歯(入れ歯)を扱う補綴科(ほてつか)の言葉でした。矯正治療に来た患者様から言われて確認した経験があります。このバッカルコリド―についてはまた別の項で説明を加えたいと思います。

概要、特徴 どのような状態なのか?

下顎骨が後退、劣成長によってできた上顎前突症あるいは上下顎前突と定義する事ができます。日本人に多く見れる骨格性上顎前突は実は上顎骨が前突しているわけではありません。Maxillary protrusionを単純に訳せば。上顎前突となります。近代の矯正治療はアメリカの白人を中心とした社会から伝来したものだと考えられます。白人の横顔は日本人ものと違って下顎骨が旺盛に前方に成長しています。そして鼻が高いというのが特徴です。これに比べて、日本人の横顔は下顎後退して鼻が低いという事になります。鼻の高さかっら下顎に接線を引いて横顔を評価するE-lineが日本でよく使用されるのはこのためです。日本で多く見られるのは上顎骨の前突ではなくて下顎骨の後退、劣成長です。上顎骨が前方にあるわけではありません。上顎骨と下顎骨の位置の差が大きいものはすべて骨格性上顎前突症に分類されます。しかし、実際には骨格性下顎後退症です。

典型的な口ゴボの患者様の横顔とレントゲン写真です。治療経過、結果もお示します。

下顎骨が後退して上顎前歯、下顎前歯も前方に傾斜しています。上下の口唇を閉鎖するのには下口唇が大きく上方にあがる必要があります。そのために顎の所に梅干し状の筋肉の緊張が起きてしまいます。上下顎前突という診断もできます。上下口唇を閉鎖する時は下口唇が上口唇の位置まで上がって閉じます。従って上顎前歯が突出していると下唇まで出て見えます。

口ゴボの原因と影響

下顎骨の劣成長、後退が第一の原因です。そのための上顎前突症、上下顎前突症に正式に分類されます。上下前歯は前方傾斜していて、下顎骨には口唇閉鎖時に梅干し状の筋肉緊張できます。口唇を弛緩させると常に歯が露出してしまうために歯肉、歯が乾燥し歯周病やう蝕の原因になります。先ほどの患者様のお口の中です。上顎前歯は前方に傾斜しているために乱杭歯や叢生はありません。下顎前歯には叢生が見られます。

口ゴボの治し方

抜歯矯正が必要です。上下第一小臼歯を抜歯して前歯の前方傾斜を改善する事で、口もとの突出感を治す事ができます。根本的には下顎骨の後退位があります。そこで下顎骨を前方に移動させる手術をおこなう方法もあります。

リンガルブラケット舌側矯正(裏側矯正)は矯正力の作用点が内側にあります。従って前方傾斜している前歯を後方に移動、傾斜させるのに適しています。突出した前歯の表面にブラケットが着ける事でさらに口もとが出てしまう事も防げます。

リンガルブラケットがこの治療に適している理由

リンガルブラケット舌側矯正(裏側矯正)は矯正力を作用させる点が内側にあります。一般的な表側からのブラケットとの比較を図にしてみました。

ブラケットは接着される場所が歯の移動に大きく影響します。リンガルブラケットは歯の移動の中心点に非常に近い位置に着きます。従ってわずかに内側回転が起きます。ところが表側のブラケットは外側回転が起きます。最初の状態が前方傾斜していればしているほどその傾向は強くなります。リンガルブラケットは前歯を内側移動させる事を得意にしている治療法です。アンカースクリュウから牽引する必要はありません。

治療経過、治療結果の横顔

第一小臼歯を抜歯して前方傾斜していた前歯を内側に移動させました。すべての治療はリンガルブラケットでおこないました。口ゴボは治りました。外科手術をしなくても多くの症例で小臼歯を抜歯する事で口もとを改善させる事ができます。前歯が内側に移動するだけでかなり横顔が改善します。

口ゴボに関するよくある質問

Q:口ゴボは自力で治せますか?

A:治せません。例えば自分で歯を押したりした結果、前歯が動揺したりしたケースがあります。やはり口ゴボを治すにはブラケットを装着した矯正治療が必要です。さらに付け加えると小臼歯などの抜歯をおこないそのスペースに前歯を移動させて口もとを下げる事によって上下口唇の閉鎖がらくに行えるようになります。自然な口もとになります。

 

Q:歯並びがよく見える場合は矯正しない方がいいですか?

A:上下顎前突の可能性があります。前歯が前方に傾斜していると歯列が大きく乱杭歯や叢生の状態がない事があります。しかし、前歯が前方に傾斜しているために口もとが突出している、横顔が気になる場合は矯正治療の対象です。

 

Q:マウスピース矯正(アライナー矯正)で治療可能ですか?

A:抜歯を伴な矯正治療はマウスピース矯正には適応症ではありません。ごく簡単な不正咬合がその治療対象です。

 

Q:アンカースクリュウは必要ですか?

A:リンガルブラケット舌側矯正(裏側矯正)で治療を行う場合は必要はありません。表側からのブラケットの場合は厳しい症例であればアンカースクリュウが必要になります。アイ矯正では使用していません。

悩んだら専門家に相談を

悩んだらまずは矯正専門歯科医院(矯正だけをおこなっている歯科医院)にご相談ください。どんな治療が可能か?治るのか?治療期間は?費用は?などのアドバイスをしてくれます。実際に治療するかどうかはよくお考えになってお決めください。

 

 

矯正
一覧へ戻る

RECENT POST

ARCHIVES

RANKING

人気記事はこちら!

page top