お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日

BLOG

ドクターズブログ

アイ矯正歯科クリニック 業績集

アイ矯正歯科クリニック 院長、副院長の大学勤務時代と現在を含む研究、臨床業績集を掲載します。

業  績  目  録

 

<研究業績一覧>

原著論文 

括弧内はインパクトファクター:IFです。

 

欧文:

1.Makuuchi S. Fukui T. Yamane A. Ohkubo C. Function of miR-1 in the differentiation of mouse tongue striated muscle cell. Tsurumi Univ. Dent. J. 2014; 40(2): 23-36.

2.Suzuki E, Aoyama K, Fukui T, Nakamura Y, Yamane A. The function of platelet-derived growth factor in the differentiation of mouse tongue striated muscle. Orthod Craniofac Res 2012; 15(1): 39-51. (1.115)

3. Aoyama K, Yamane A, Suga T, Suzuki E, Fukui T, Nakamura Y. Bone morphogenetic protein-2 functions as a negative regulator in the differentiation of myoblasts, but not as an inducer for the formations of cartilage and bone in mouse embryonic tongue. BMC Dev Biol 2011; 7; 11-44. (2.280)

4. Kaneko S, Iida RH, Suga T, Fukui T, Morito M, Yamane A. Changes in triacylglycerol-accumulated fiber type, fiber type composition, and biogenesis in the mitochondria of the soleus muscle in obese rats Anat Rec (Hoboken). 2011; 294(11): 1904-1912. (1.431)

5.Fukui T, Suga T, Iida RH, Morito M, Luan X, Diekwisch TG, Nakamura Y, Yamane A. BMP-2 regulates the formation of oral sulcus in mouse tongue by altering the balance between TIMP-1 and MMP-13. Anat Rec (Hoboken) 2010; 293(8): 1408-1415. (1.431)

6.Yamane A, Fukui T, Suga T, Iida R, Morito M. TGFβ3 is expressed in differentiating muscle of the embryonic mouse tongue. Int J Dev Biol 2010; 54(1): 221-226. (1.981)

7. Katayama R, Yamane A, Fukui T. Changes in the expression of myosins during postnatal development of masseter muscle in the microphthalmic mouse. Open Dent J 2010; 8(4): 1-7.

8.Luan X, Ito Y, Holliday S, Walker C, Daniel J, Galang TM, Fukui T, Yamane A, Begole E, Evans C, Diekwisch TG. Extracellular matrix-mediated tissue remodeling following axial movement of teeth. J Histochem Cytochem 2007; 55(2): 127-140. (2.511).

9. Suga T, Fukui T, Shinohara A, Luan X, Diekwisch TG, Morito M, Yamane A. BMP2, BMP4, and their receptors are expressed in the differentiating muscle tissues of mouse embryonic tongue. Cell Tissue Res 2007; 329(1): 103-117. (2.787) 

10.Suga T, Fukui T, Yamane A, Morito M. Expressions of BMP2, BMP4, and their receptors during the development of mouse tongue muscle. Jpn J Gerodontol. 2007; 22(3): 280-287.

11.Holliday S, Schneider B, Galang MT, Fukui T, Yamane A, Luan X, Diekwisch TG. Bones, teeth, and genes: a genomic homage to Harry Sicher’s “Axial Movement of Teeth”. World J Orthod 2005; 6(1): 61-70.

12.Fukui T, Akutsu S, Hirashita A, Oida S, T.G.H. Diekwisch, Yamane A. Effects of exogenous bone morphogenetic protein 2 on the formation of mouse molar tooth germ. J Oral Biosci 2004; 46(6): 530-535.

13.Yamane A, Amano O, Urushiyama T, Nagata J, Akutsu S, Fukui T, Diekwisch TG. Exogenous hepatocyte growth factor inhibits myoblast differentiation by inducing myf5 expression and suppressing myoD expression in an organ culture system of embryonic mouse tongue. Eur J Oral Sci. 2004; 112(2): 177-181. (1.540)

14.Urushiyama T, Akutsu S, Miyazaki J, Fukui T, Diekwisch TG, Yamane A. Change from a hard to soft diet alters the expression of insulin-like growth factors, their receptors, and binding proteins in association with atrophy in adult mouse masseter muscle. Cell Tissue Res. 2004; 315(1): 97-105. (2.787)

15.Hirashita A, Kaida K, Fukui T. Effect of Orthodontic treatment in extraction cases on serum BGP. Orthod Waves. 2004; 63(1): 1-6.

16.Fukui T, Yamane A, Komatsu K, Chiba M. Restoration of mechanical strength and morphological features of the periodontal ligament following orthodontic retention in the rat mandibular first molar. Eur J Orthod 2003; 25(2): 167-174. (1.622)

17. Fukui T, Tsuruta M, Murata K, Wakimoto Y, Tokiwa H, Kuwahara Y. Correlation between facial morphology, mouth opening ability, and condylar movement during opening-closing jaw movements in female adults with normal occlusion. Eur J Orthod 2002; 24(4): 327-336. (1.622)

18.Kaida K, Hirashita A, Fukui T, Nagasaka S, Kuwahara Y. The Increase of serum osteocalcin (BGP) after tooth extraction required for orthodontics treatment. J Oral Biosci 2000; 42(4): 315-318.

19.Sadanaga Y, Hirashita A, Morita S, Fukui T, Kaida K, Kuwahara Y. Effect of tooth movement on the change in serum components in pregnant rats. Orthod Waves.1999; 58(6): 410-415.

20.Hirashita A, Kaida K, Fukui T. Effect of tooth movement on the changes in serum bone Gla protein in adult male rats. Tsurumi Univ. Dent. J. 1998; 24(1): 1-12.

21.Yamane A, Fukui T, Chiba M. In vitro measurement of orthodontic tooth movement in rats given beta-aminopropionitrile or hydrocortisone using a time-lapse videotape recorder. Eur J Orthod 1997; 19(1): 21-28. (1.622)

22.Yamane A, Fukui T, Chiba M. In vitro measurement of three-dimensional tooth movement following insertion and removal of an elastic band between rat molars using a time-lapse video and radiography. J Oral Biosci 1996; 38(4): 345-353.

23.Fukui T. Analysis of stress-strain curves in the rat molar periodontal ligament after application of orthodontic force. Am J Orthod Dentofacial Orthop 1993; 104(1): 27-35. (1.472)

 

和文

1.沓名嘉文,今井智子,倉島茂樹,福井只美,塩澤光一,平下斐雄.成人前歯部開咬者の食塊形成能力に関する研究-異なる食品における咀嚼終了時の食塊について-.鶴見歯学2004;30(2):119-125.

2.今井智子,倉島茂樹,福井只美.成人開咬者の咀嚼運動解析-物性の異なった食品を咀嚼した時-.鶴見歯学2003;29(1):13-21.

3.脇本康夫,高村昭生,常盤 肇,鶴田正彦,福井只美,村田邦弘,桑原洋助. 6自由度下顎運動再現ロボット(6DOF/R0)の試作. 顎機能誌 2001;7:1-11.

4.倉島茂樹,福井只美.成人開咬者と個性正常咬合者の咀嚼・嚥下時における口腔周囲筋筋活動の比較.Orthodontic Waves 2000;59(5):352-363.

5.広松伸一,鶴田正彦,福井只美,常盤 肇,桑原洋助.正常咬合者の開閉口運動における下顎切歯および下顎頭の運動解析.顎機能誌1998;5(1):11-20.

6.鶴田正彦,トンサクンルンアン・ラーワン,福井只美.鶴見大学歯学部附属病院矯正科における最近の矯正患者の動向に関する統計的検討.鶴見歯学1993;19(2):179-185.


 その他 技術紹介、症例報告、
Review

 

欧文

1.Fukui T, Fukui K, Yoshida K, Tsuruta M, Galang TM. Invisible treatment of a severe Class II deep overbite with narrow mandibular dental arch with multilingual bracket appliances. J World Fed Orthod 2017; 6: 69-79.

2.Fukui T, Suga K, Fukui K, Tsuruta M, Galang TM. Invisible treatment of a severe Class I crowding with multilingual bracket system using new double mushroom archwire technique in a young adult female patient. J World Fed Orthod. 2015; 4: 151-161.

3. Okada W, Fukui T, Saito T, Ohkubo C, Hamada Y, Nakamura Y. Interdisciplinary treatment of an adult with complete bilateral cleft lip and palate. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 2012; 141(4): S149-158. (1.472)

4.Fukui T, Choi YB, Yamaguchi H, Tsuruta M. Treatment of a horizontal open bite with an invisible multiloop appliance in a girl with tooth trauma. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 2009; 136(4): 596-606. (1.472)

5.Yamane A, Fukui T. Characteristics of Masticatory and Tongue Muscles. J Oral Biosci 2007; 49(3): 206-210.

6.Fukui T, Tsuruta M. Invisible treatment of a Class III female adult patient with severe crowding and cross-bite. J Orthod. 2002; 29(4): 267-275.

7.Fukui T, Tsuruta M, Yong-Bong C, Kuwahara Y. Multilingual bracket treatment combined with orthognathic surgery in a skeletal class III patient with facial asymmetry. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 1999; 115(6): 654-659. (1.472)

和文

1.沓名嘉文,福井只美,平下斐雄.上顎両側第二小臼歯先天欠如を伴う前歯部叢生症例-上顎両側側切歯に矮小歯をともなった一例.東京矯歯誌2005;15:138-142.

2.瀬野 智,鶴田正彦,福井只美.大学生における顎関節異常の発現についての調査.鶴見歯学1997;23(1):207-214. 

著書

        1.編集委員 伊藤学而, 花田晃治/鶴田正彦,福井只美,臼歯部挟状咬合への対応-臼歯部の咬合支持の喪失症例-別冊 臨床家のための矯正Year Book 99.クインテッセンス出版, 東京,1999

        2.Thomas Rakos, Irmtrud Jonas, Thomas M. Graber. 校閲:三浦不二夫, 監訳:木下善之助, 桑原洋助,訳:脇本康夫,島田達雄,福井只美,永坂 哲,川本達雄,犬伏俊嗣,カラーアトラス歯科矯正診断学,医歯薬出版,東京,19979      
         

        学会発表(国際学会)

         

        1.Umeki D. Arai C. Fukui T. Nakamura Y. Yamane A. Ohnuki Y. Saeki Y. Effects of clenbuterol and dexamethasone on rat masseter muscle. 88th General Session & Exhibition of the IADR, Center de Conventions International Barcelona, Spain, 2010.7.14-17.

        2.Saeki Y. Ohnuki Y. Yamane A. Umeki D. Fukui T. Nakamura Y. Stretch-induced morphology adaptation in rat masseter muscle 88th General Session & Exhibition of the IADR, Center de Conventions International Barcelona, Spain, 2010.7.14-17.

        3.Yamane A. Fukui T. BMP-2 regulates the formation of oral sulcus in mouse tongue by altering the balance between TIMP-1 and MMP-13. Gordon Research Conference “Craniofacial morphogenesis and tissue regeneration” II Ciocco, Italy. 2010.4.11-15.

        4.Yamane A. Fukui T. Iida R. Suga M. Morito M. Symposium molecular pathology and molecular therapy of muscular dystrophy; Myostatin functions in the rat masseter muscle hypertrophied by Cenbuterol, a β2 adrenergic agonist. Yokoska Science Festa, Shonan Village Center, Shonan, Japan, 2009.6.6.

        5.Yamane A. Nagata J. Fukui T. Suga T. BMP2 inhibits the differentiation of tongue myoblasts. 14th Conference of the International Society of Differentiation, Congress Innsbruck, 2006.10. 8.

        6.Hirashita A. Kiada K. Fukui T. High activity of serum BGP in mandibular prognathism. 日中医学大会,北京,中国. 2002.11.3-6.

        7.Hirashita A. Kiada K. Fukui T. Kuwahara Y. Effect of orthodontic Treatment on Serum BGP. American Association of Orthodontics (AAO) 101th Annual Session, Metro Toronto Convention Center, 2001.5.5-8.

        8.Tsuruta M. Fukui T. Open bite correction with the multi-lingual bracket system. 76th Congress of the European Orthodontic Society. Creta Maris Hotel Congress Center, Greece, 2000.6.12-13.

        9.Tsuruta M. Wakimoto Y. Fukui T. Murata K. Kuwahara Y. Evaluation of the condylar movement Paths. 74th Congress of the European Orthodontic Society, Mainz, Germany. 1998.6.2-6.

        10.Tsuruta M. Murata K. Wakimoto Y. Tokiwa H. Fukui T. Kuwahara Y. Handa H. Ishikawa G. Changes of the jaw movement and EMG activities of masticatory muscles following surgical correction of mandibular prognatism. 3th Asian-Pacific Orthodontic Conference,台湾世界貿易センター,台湾,1998.11.20-25.

        11.Hirashita A. Sadanaga, Y. Morita S. Kaida K. Fukui T. Kuwahara Y.Biochemical and histological responses of tooth movement in pregnant rats. 76th General Session of IADR, Nice France, 1998.6.24-27.

        12.Tsuruta M. Fukui T. Suga K. Horiguchi Y., Hyoon M. Orthodontic patients treated with the mushroom arch appliance case report. European Orthodontic Society, 72nd Congress, Bringhton, England, 1996.7.2-5.

        13.Tsuruta M. Fukui T. Fukui K. Horiguchi Y. Orthodontic case reports treated with Fujita method. 28th Scientific Congress of Korea Association of Orthodontists & 2nd Asian-Pacific Orthodontic Conference, InterContinental Hotel, Seoul, Korea, 1995.11.16-18.

        14.Kaida K. Hirashita A. Fukui T. Sadanaga Y. Kuwahara Y., Kawamura H. (Laboratory Room). Effect of tooth extraction on the changes in serum BGP. 73rd International Association for Dental Research, Raffles Convention Center, Singapore, 1995.6.28-7.1. 

        15.Tsuruta M, Fukui T, Fukui K, Horiguchi Y. Case presentation treated with mushroom arch wire appliance. 95th American Association of Orthodontic, Annual Section and 4th International Orthodontic Congress. Moscone Center, San Francisco, USA, 1995.5.12-17.

        16.Fukui T, Yamane A, Kuwahara Y, Chiba M. (Phamacology).Effect of Orthodontic Retention on Stress-strain Behaviour in Rat Molars. 70th General Session & Exhibition International Association for Dental Research Glasgow, Scotland, 1992.7.1-4.

         

        学会発表(国内学会)

         

        1.福井只美,幕内俊介,片山理奈,山根 明.胎生期マウスの舌横紋筋細胞分化におけるmiR-1の役割.第73回日本矯正歯科学会大会,幕張メッセ,千葉,20141020日-22.

        2.福井只美,幕内俊介,山根 明.胎生期マウスにおけるmiR‐1の発現および局在.第71回日本矯正歯科学会大会,盛岡市民文化ホール,岩手,2012926日‐28.

        3.須永佳代子,山根 明,福井只美,鈴木栄里佳,中村芳樹.BMPのマウス胎仔舌筋細胞の分化過程における役割.48回口腔組織培養学会学術大会,千葉,明海大学浦安キャンパス,20111119.

        4.前川奈美,菅 蔵人,古本幸子,福井只美,野村義明,中村芳樹.過去30年間の鶴見大学歯学部附属病院矯正科における外科的矯正患者のDAI scoreについて.第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議,名古屋国際会議場,20111017日‐20.

        5.古本幸子,菅 蔵人,前川奈美,福井只美,野村義明,中村芳樹.DAIを用いた学校歯科健診における矯正科医と一般歯科医の矯正治療の必要性の比較.第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議,名古屋国際会議場,20111017日‐20.

        6.鈴木栄里佳,青山佳代子,福井只美,中村芳樹.血小板由来増殖因子PDGFがマウス舌筋細胞の分化に及ぼす影響.第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議,名古屋国際会議場,20111017日‐20.

        7.阿保徳寿,福井只美,山根 明,濱田良樹.クレンブテロールによるラット咬筋肥大の調節におけるマイオスタチンおよびインスリン様増殖因子の役割.第53回歯科基礎学会学術大会,長良川国際会議場,岐阜,2011930,102.

        8.岡田 渉,福井只美,濱田良樹,中村芳樹.上顎歯列弓の著しい狭窄を伴う成人両側性口唇口蓋裂治験例.35回日本口蓋裂学会総会,学術集会,朱鷺メッセ,新潟コンベンションセンター,2011525,26.

        9.阿保徳寿,山根 明,福井只美,濱田良樹.iPS細胞と舌器官培養法による舌筋再生の検討第72回鶴見大学歯学会例会,鶴見大学会館,2010年1218.

        10.福井只美,鈴木栄里佳,青山佳代子,山根 明,中村芳樹.BMP-2はTIMP-1,MMP-13の発現を変化させることによってマウス舌側溝形成を調節いている。第69回日本矯正歯科学会大会パシフィコ横浜,2010927,29.

        11.青山佳代子,鈴木栄里佳,福井只美,山根 明,中村芳樹.マウス胎仔舌筋細胞の最終分化過程におけるBMP2の機能.52回歯科基礎医学会学術大会,タワーホール船堀,2010920,22.

        12.岡田 渉,菅 蔵人,福井只美,中村芳樹.上顎歯列の崩壊を伴う成人両側性口唇口蓋裂治療例,69回東京矯正歯科学会大会,有楽町朝日ホール,東京,2010715.

        13.金子周平,飯田良平,菅 武雄,福井只美,山根 明,森戸光彦.トリグリセロール蓄積がラット骨格筋のエネルギー代謝関連遺伝子発現の及ぼす影響.32回日本分子生物学会年会,パシフィコ横浜,20091212.

        14.鈴木栄里佳,福井只美,山根 明,中村芳樹.血小板由来増殖因子アンタゴニストが培養マウス舌筋細胞の増殖,分化に及ぼす影響.46回日本口腔組織培養学会,昭和大学,東京,2009125.

        15.菅 蔵人,福井只美,常盤 肇,中村芳樹. Dental Aesthetic Index (DAI)の学校歯科健診への適用.第68回日本矯正歯科学会大会福岡国際会議場マリンメッセ福岡,20091116,18.

        16.福井只美,岡田 渉,菅 蔵人,鶴田正彦,中村芳樹.典型的な成人鎖骨頭蓋異骨症の一治験例.68回日本矯正歯科学会大会福岡国際会議場マリンメッセ福岡,20091116,18.

        17.片山理奈,福井只美,山根 明.小眼球マウスの生後発達過程における咬筋ミオシン重鎖mRNA発現の経時的変化.51回歯科基礎医学会学術大会ならびに総会,朱鷺メッセ,新潟コンベンションセンター.2009910.

        18.山根 明,金子周平,飯田良平,菅 武雄,福井只美,篠原暁子,森戸光彦.高脂肪食を摂取させたラット骨格筋におけるトリグリセロールの蓄積について.20回日本老年歯科医学会総会・学術大会,横浜パシフィコ,2009619.

        19.山根 明,福井只美.器官培養系を用いたマウス舌形態形成の研究.生体運動合同班会議,東京大学駒場キャンパス,2009111.

        20.山根 明,福井只美.分化過程のマウス舌筋細胞におけるTGFβおよびその受容体,シグナル伝達因子の発現.50回歯科基礎医学会学術大会・総会,有明コンベンションホール,2008925.

        21.福井只美,菅 蔵人,鶴田正彦.不正咬合の様々な症例に使用できるフジタメソッドのダブルワイヤーテクニック.67回日本矯正歯科学会大会,幕張メッセ(千葉),2008916,18.

        22.福井只美,山根 明.BMP2TIMPMMPの発現を調節することによりマウス舌側溝形成を制御している.67回日本矯正歯科学会大会,幕張メッセ(千葉),2008916,18.

        23.山根 明,福井只美,菅 武雄,篠原暁子,森戸光彦.トランスフォーミング増殖因子βはマウス舌筋分化調節過程に関与している.日本動物学会第78回大会,弘前大学,2007922.

        24.菅 武雄,福井只美,山根 明,森戸光彦.活発に分化しているマウス舌筋組織にBMPおよびその受容体が局在している.18回日本老年歯科医学会総会学術大会,札幌市教育文化会館,2007622.

        25.山根 明,福井只美,菅 武雄,篠原暁子.BMP2はマウス舌筋芽細胞分化において負の制御因子として機能している.80回日本薬理学会年会,名古屋国際会議場,2007316.

        26.阿保徳寿,永田純史,福井只美,菅 武雄,二藤 彰,山根 明.マウス舌筋分化過程における血小板由来増殖因子の役割.48回歯科基礎医学会学術大会,鶴見大学記念館,2006921,23.

        27.福井只美,山根 明,平下斐雄.BMP2siRNAがマウス舌およびメッケル軟骨の形態形成に及ぼす影響.65回日本矯正歯科学会大会,札幌コンベンションセンター,2006913,15.

        28.Yamane A. Nagata J. Fukui T. Hirashita A. Roles of BMP in the differentiation of tongue myoblasts. 第40回日本発生生物学会大会,広島国際会議場,200662.

        29.山根 明,福井只美,永田純史,平下斐雄.マウス舌の形態形成におけるBMP2,MMP及びTIMPの役割.42回日本口腔組織培養学会,広島大学歯学部,20051126.

        30.福井只美,永田純史,山根 明,平下斐雄.マウス舌筋発生過程における骨形成因子2(BMP2)の発現および外来性BMP2が舌筋細胞分化に及ぼす影響.64回日本矯正歯科学会大会,パシフィコ横浜,20051012,14.

        31.永田純史,福井只美,山根 明.マウス舌筋分化,成熟過程における骨誘導因子2(BMP2)の役割.46回歯科基礎医学会学術大会,仙台国際センター,2005929.

        32.山根 明,福井只美,永田純史.RNA干渉法によるマウス舌の形態形成におけるBMP2の役割の検討.41回日本口腔組織培養学会,新高輪プリンスホテル,20041120.

        33.沓名嘉文,今井智子,倉島茂樹,福井只美,塩澤光一,平下斐雄.成人開咬者の食塊形成能力に関する研究.63回日本矯正歯科学会大会,福岡国際会議場,20041117,19.

        34.福井只美,永田純史,山根 明,平下斐雄.BMP2SiRNAがマウス舌の形態形成に及ぼす影響.63回日本矯正歯科学会大会,福岡国際会議場,20041117,19.

        35.漆山登喜*,阿久津覚誠**,宮崎淳一*,福井只美***,Diekwisch T.G.H.****,山根 明(*筑波大,**ハイテク,***矯正,****イリノイ大矯正)飼料性状の転換によるマウス咬筋線維の萎縮とインスリン様増殖因子結合タンパク質の発現変化.26回日本分子生物学会年会,神戸ワールド記念ホール,20031213.

        36.漆山登喜*,阿久津覚誠**,宮崎淳一*,福井只美***,Diekwisch T.G.H.****,山根 明(*筑波大,**ハイテク,***矯正,****イリノイ大矯正).飼料性状の転換が咬筋線維におけるインスリン様増殖因子および受容体発現に及ぼす影響.日本動物学会第74回大会,函館市民会館,2003918. 

        37.漆山登喜,阿久津覚誠1),宮崎淳一2),福井只美3),Diekwisch. T.G.H.4),山根 明(筑波大・院・バイオシステム,ハイテク1),筑波大学・生物2),矯正3),イリノイ大矯正4),薬理)飼料性状の転換によるマウス咬筋線維の萎縮とインスリン様増殖因子,その受容体,および結合蛋白質の発現における転写,翻訳レベルでの変化.鶴見歯学会題58回例会,鶴見大学大学会館メインホール,20021220.

        38.今井智子,倉島茂樹,沓名嘉文,福井只美,平下斐雄,*塩澤光一(*生理学教室).成人開咬者が物性の異なった食品を咀嚼・嚥下した時の咀嚼筋およ口腔周囲筋の筋活動の比較.鶴見歯学会題55回例会,鶴見大学大学会館メインホール,2002615.

        39.古川 哲,福井只美,野田晃司,平下斐雄.舌側弧線装置の製作法におけるビデオを用いた視聴覚教室の試み.60回日本矯正歯科学会大会,3回国際会議,東京国際フォーラム,2001108,11.

        40.今井智子,倉島茂樹,沓名嘉文,福井只美,*塩澤光一(*生理学教室).成人開咬者が物性の異なった食品を咀嚼・嚥下した時の咀嚼筋および口腔周囲筋筋活動の検討.60回日本矯正歯科学会大会,3回国際会議,東京国際フォーラム,2001108,11.

        41.常盤 肇,村田邦弘,脇本康夫,福井只美,平野正芳,沓名嘉文,鶴田正彦.下顎頭の回転量ならびに移送量を解析パラメータとした外科的矯正患者の手術前後における下顎運動機能評価.60回日本矯正歯科学会大会,3回国際会議,東京国際フォーラム,2001108,11.

        42.福井只美,藤村 健,鶴田正彦.リンガルブラケットによる成人骨格性下顎前突の治療について.60回日本矯正歯科学会大会,3回国際会議,東京国際フォーラム,2001108,11.

        43.脇本康夫,常盤 肇,福井只美,村田邦弘,平野正芳,沓名嘉文,鶴田正彦. 6自由度下顎運動再現ロボット(6DOF/R2)について.60回日本矯正歯科学会大会,3回国際会議,東京国際フォーラム,2001108,11.

        44.鶴田正彦,村田邦弘,福井只美,脇本康夫,常盤 肇.成人女子正常咬合者の下顎限界運動と顎顔面形態との関連性について.60回日本矯正歯科学会大会,3回国際会議,東京国際フォーラム,2001108,11.

        45.村田邦弘,常盤 肇,脇本康夫,福井只美,平野正芳,沓名嘉文,鶴田正彦.鶴見大学歯学部附属病院矯正科で行っている顎口腔機能検査システムについて.日本歯科人間工学会/日本人間工学会第17回研究発表大会,鶴見大学会館,200191.

        46.Hirashita A. Kaida K. Fukui T. Kuwahara Y. Serum BGP Levels in Mandibular Prognatism. IADR 79th General Session & Exhibition.千葉プリンスホテル,2001627-30.

        47.村田邦弘,鶴田正彦,脇本康夫,常盤 肇,福井只美,桑原洋助.下顎後退術を行った外科的矯正患者の下顎切歯運動に関する新しい評価法.日本顎口腔機能学会第23回学術会,朝日大学, 2001年127. 

        48.村田邦弘,鶴田正彦,脇本康夫,常盤 肇,福井只美,桑原洋助.外科的矯正治療患者の顎運動測定における下顎切歯基準点に関する一考察.第59回日本矯正歯科学会大会,大阪国際会議場,20001025,27.

        49.倉島茂樹,福井只美,今井智子,沓名嘉文,*塩澤光一,桑原洋助(*生理学教室).成人開咬患者と正常者の咀嚼・嚥下時における口腔周囲筋筋活動の比較.59回日本矯正歯科学会大会,大阪国際会議場,20001025,27.

        50.常盤 肇,脇本康夫,鶴田正彦,福井只美,村田邦弘,平野正芳,沓名嘉文,桑原洋助.顎口腔機能総合解析システム(JM-1000T)の測定精度と測定治具の計測への影響について.59回日本矯正歯科学会大会,大阪国際会議場,20001025,27.

        51.常盤 肇,鶴田正彦,脇本康夫,福井只美,村田邦弘,桑原洋助.顎運動測定装置(JM-1000T)の精度に関する研究.21回日本顎口腔機能学会学術大会,昭和大学歯学部,2000422.

        52.倉島茂樹,福井只美,塩澤光一,桑原洋助(*生理学教室).成人開咬患者と個性正常咬合者の咀嚼嚥下時における口腔周囲筋筋活動の比較.第58回日本矯正歯科学会大会,広島国際会議場,1999年1014,15.

        53.鶴田正彦,常盤 肇,脇本康夫,福井只美,村田邦弘,桑原洋助.改良型6自由度顎運動解析装置の開発.58回日本矯正歯科学会大会,広島国際会議場,19991014,15.

        54.村田邦弘,鶴田正彦,脇本康夫,常盤 肇,福井只美,桑原洋助.骨格性下顎前突患者の顎運動機能に対する下顎枝矢状分割手術の影響.58回日本矯正歯科学会大会,広島国際会議場,19991014,15.

        55.村田邦弘,鶴田正彦,脇本康夫,常盤 肇,福井只美,桑原洋助.下顎枝矢状分割による外科的矯正治療前後の顎運動の変化.57回日本矯正歯科学会大会,仙台国際センター,1998101,2.

        56.福井只美,今井智子,鶴田正彦,桑原洋助.鋏状咬合をともなう成人上顎前突の1治験例,第57回日本矯正歯科学会大会,仙台国際センター,1998101,2

        57.倉島茂樹,福井只美,斉宮康寛,塩澤光一,平下斐雄,桑原洋助(生理学教室)成人開咬患者の咀嚼・嚥下時における顎口腔筋の筋活動.57回日本矯正歯科学会大会,仙台国際センター,1998101,2.

        58.貞永嘉浩,森田修一,福井只美,戒田清和,平下斐雄,桑原洋助.妊娠ラットの歯の移動に関する生化学的検討.57回日本矯正歯科学会大会,仙台国際センター,1998101,2.

        59.福井只美,鶴田正彦,村田邦弘,脇本康夫,常盤 肇,桑原洋助.正常咬合者の顎運動における最大開口量と顎顔面形態との関連性.日本口腔機能学会,大阪大学歯学部,1998911.

        60.脇本康夫,福井只美,村田邦弘,半田秀穂,桑原洋助.上下顎骨切り術を行った下顎前突症例の顎機能解析-顔面非対称と多数歯欠損を示す1治験例-東京矯正歯科学会第57回大会,日本消防会館,199872. 

        61.鶴田正彦,脇本康夫,福井只美,常盤 肇,桑原洋助.下顎頭基準点の運動軌跡におよぼす影響について.第45回国際歯科研究学会日本部会(JADR)総会・学術大会,徳島大学長井記念ホール,1997126,7.

        62.脇本康夫,高村昭生,常盤 肇,鶴田正彦,福井只美,村田邦弘,桑原洋助(小野測器()6自由度顎運動再現ロボットの試作.日本顎口腔機能学会第14回学術大会,仙台国際センター,19971122.

        63.鶴田正彦,福井只美,桑原洋助,崔 然範(朝鮮大学矯正学教室).リンガルブラケット装置の外科矯正治療適応に関する臨床的検討.第56回日本矯正歯科学会大会,東京国際フォーラム,1997929,30.

        64.脇本康夫,常盤 肇,鶴田正彦,福井只美,村田邦弘,桑原洋助.ナソヘキサグラフによる顎運動解析における下顎頭解析点の検討.第56回日本矯正歯科学会大会,東京国際フォーラム,1997929,30.

        65.常盤 肇,脇本康夫,鶴田正彦,福井只美,桑原洋助.顎関節内障の顎運動解析における下顎頭解析点の検討.第10回日本顎関節学会総会,札幌市民教育文化会館,1997731,81.

        66.常盤 肇,脇本康夫,福井只美,村田邦弘,鶴田正彦,桑原洋助.顎機能総合解析システム“ナソヘキサグラフ”の臨床応用について.鶴見大学歯学会総会第45回例会,鶴見大学会館メインホール,1997621日.

        67.広松伸一,鶴田正彦,福井只美,常盤 肇,脇本康夫,桑原洋助.最大開閉口運動における下顎頭の速度解析.第55回日本矯正歯科学会大会,シーホークホテル&リゾート福岡,19961017,18.

        68.常盤 肇,脇本康夫,福井只美,半田秀穂,鶴田正彦,桑原洋助.ナソヘキサグラフによる顎機能評価-かみしめ運動における咬合位の検討.第55回日本矯正歯科学会大会,シーホークホテル&リゾート福岡,19961017,18.

        69.福井只美,斉宮康寛,倉島茂樹,桑原洋助,塩沢光一(生理学教室).成人開咬患者の嚥下時における顎口腔筋の筋活動.第55回日本矯正歯科学会大会,シーホークホテル&リゾート福岡,19961017,18.

        70.斉宮康寛,福井只美,倉島茂樹,桑原洋助,塩澤光一(生理学教室).口腔内水保持時の顎口腔筋の筋活動.55回日本矯正歯科学会大会,シーホークホテル&リゾート福岡,19961017,18.

        72.脇本康夫,常盤 肇,福井只美,鶴田正彦,桑原洋助.顎口腔機能総合解析システムによる下顎前突症例の顎機能評価.東京矯正歯科学会第55回大会,日本消防会館,1996年79.

        73.福井一美,福井只美,鶴田正彦. フジタメソッドで治療した成人上顎前突症の2治験.第14回フジタメソッド学術大会,東京医科歯科大学,19951126. 

        74.鶴田正彦,脇本康夫,福井只美,松木久哉,常盤 肇,斉宮康寛,三浦不二夫,桑原洋助.最新型顎口腔機能総合解析システムの紹介.第18回日本歯科医学会総会,帝国ホテル,1995年11月25.

        75.斉宮康寛,福井只美,桑原洋助,塩澤光一(口腔生理学教室).嚥下時の舌筋,口輪筋,オトガイ筋,咬筋の筋電図学的分析.54回日本矯正歯科学会大会,北海道厚生年金会館,札幌市教育文化会館,1995105,6.

        76.瀬野 智,鶴田正彦,玄 明姫,須賀功二郎,福井只美,桑原洋助.青年期における顎関節異常の発現についての調査.平成7年度鶴見大学歯学部総会および第41回例会,鶴見大学3号館第7講堂,1995617.

        77.戒田清和,平下斐雄,福井只美,甲斐哲也,桑原洋助,川村尚也(中央検査室).歯科矯正治療時における血清オステオカルシン(serum-BGP)値の変動について.国際歯科研究学会日本部会(JADR)総会,千里ライフサイエンスセンター,1994129,10.

        78.高瀬英世,福島俊士,常盤肇,福井只美,桑原洋助.二重下顎頭の1症例 -顎関節における片側性機能代謝様式に関する考察-.平成6年度鶴見大学歯学会第40回例会,鶴見大学歯学部第7講堂,19941217日.

        79.平野武弘,常盤 肇,松木久哉,福井只美,脇本康夫,広松伸一,斉宮康寛,石川 剛,半田秀穂,鶴田正彦,三浦不二夫,桑原洋助,小野隆彦(小野測器).新型顎運動記録装置の紹介.53回日本矯正歯科学会大会,福島郡山市民文化センター,19941019,20.

        80.戒田清和,平下斐雄,福井只美,川村尚也(中央検査室).歯科矯正治療時における血清中のオステオカルシン測定値について-第2報-.53回日本矯正歯科学会大会,福島郡山市民文化センター,19941019,20.

        81.常盤 肇,松木久哉,脇本康夫,福井只美,広松伸一,三浦不二夫,桑原洋助,小野隆彦(小野測器).新しく開発した顎機能総合診断解析システムについて.53回日本矯正歯科学会大会,福島郡山市民文化センター,19941019,20.

        82.三浦不二夫,常盤 肇,松木久哉,脇本康夫,福井只美,斉宮康寛,鶴田正彦,桑原洋助.当教室が開発した新型顎機能総合解析装置の紹介-第1報―.平成6年鶴見歯学会総会ならびに第39回例会,鶴見大学3号館第7講堂,1994618.

        83.平下斐雄,福井只美,甲斐哲也,戒田清和,桑原洋助,川村中也(中央検査室).成熟雄性ラットにおける歯の移動の血清骨グラ蛋白への影響.41Japanese Association for Dental Research 国際歯科研究日本部会,岡山衛生会館,三木記念ホール,1993122,3.

        84.戒田清和,平下斐雄,甲斐哲也,福井只美,桑原洋助,川村中也(中検).歯科矯正治療時における血清中のオステオカルシン測定値について-第1報-.52回日本矯正歯科学会大会,鹿児島市民文化ホール,19931112,13.

        85.須賀功二郎,瀬野 智,松木久哉,福井只美,鶴田正彦,桑原洋助.矯正患者の術前における顎口腔機能異常の発現に関する統計的検討.52回日本矯正歯科学会大会,鹿児島市民文化ホール,19931112,13.

        86.鶴田正彦,福井只美,桑原洋助.共焦点レーザー顕微鏡によるラット臼歯歯根吸収窩の測定.第35回歯科基礎医学会,長崎大学教養学部,19931012,13.

        87.山根 明,福井只美,桑原洋助,千葉元氶.β-aminopropionitrile及びhydrocortisone投与ラットを用いたin vitroにおける臼歯の実験的移動量の測定.66回日本薬理学会年会 パシフィコ横浜会議センター,1993324-27.

        88.山根 明,福井只美,桑原洋助,千葉元氶.In vitro Analysis of tooth movement with time lapse video recorder.第40回国際歯科研究学会日本部会総会,日本都市センター,19921130,121.

        89.ラーワントンサクンルンルアン,鶴田正彦,須賀功二朗,瀬野 智,福井只美,桑原洋助.統計による最近の矯正治療患者の動向について.鶴見大学3号館第7講堂,平成3年度鶴見大学歯学会第34回例会,19911214.

        90.福井只美,桑原洋助,山根 明,千葉元氶.矯正力を加えたラット臼歯歯根膜におおける応力―歪曲線の解析―.第39系国際歯科研究学会(JADR)総会,大阪国際交流センター,1991125,6.

        91.鶴田正彦,福井只美,須賀功二朗,T.ラーワン.水素クリアランス法によるヒト歯根膜血流の測定法の基礎的検討.第50回日本矯正歯科学会記念大会第1回アジア太平洋矯正歯科学会議,大阪ロイヤルホテル,1991925,27.

        92.戒田清和,福井只美,甲斐哲也,平下斐雄,桑原洋助.永久歯列反対咬合の非抜歯による4治験例.第49回東京矯正歯科学会大会,日本消防会館,1990719.

        93.鶴田正彦,脇本康夫,福井只美,桑原洋助,田畑泰彦,筏 義人.(京大高分子研)活性型ビタミンD3含有マイクロスフエアーの薬物放出速度および投与の検討.第48回日本矯正歯科学会総会,金沢市文化ホール,1989105,6.

        94.福井只美,里見 優,鶴田正彦,桑原洋助,洪 倫基.プラスチックシートによるブラケットの間接接着法について.平成元年度鶴見歯学会総会と第29回例会,鶴見大学3号館第7講堂,1989617.

         

        特別講演・シンポジウム国際

         

          1.Fukui.T. 隐形治疗:Fujita 舌侧托槽和蘑菇型弓丝 Invisible Treatment:Fujita lingual bracket and mushroom archwire. 北京、2018年12月22日

          2.Fukui T. “Double Archwire Technique for the lingual bracket treatment with Fujita Lingual Bracket”. key note speaker, the 6th Scientific Congress of World Society of Lingual Orthodontics. Coex, Seoul, Korea. 2015.7.3-5.

          3.Fukui T “A new double wire technique in the Fujita method” key note speaker, the 4th Congress of Korean Association of Lingual Orthodontists, Catholic University of Korea, Seoul, Korea (KASLO). 2011.4.17. 

          4.Fukui T. Invisible Treatment: Lingual Orthodontics Fujita Method.中日友好医院開院20周年記念, 北京大学歯学部矯正学講座主催, 北京, 中国. 2004.10.25-27.

          5.Fukui T. Invisible Treatment: Lingual Orthodontics Fujita Method. University of Illinois at Chicago, Department of Orthodontics. Chicago, USA. 2003.7.8.

          6.Fukui T, Kurashima S. 1. Vertical control. 2. Open bite case. 3. Telescopic occlusion case II. 4. Lingual bracket. 5. Skeletal Class III case. The UDF (Ulsan Dental Forum) International Dental Seminar, Ulsan, Korea. 2000.7.7.国内 

          7.福井只美,平下斐雄.歯科基礎医学会第48回学術大会・総会、シンポジウム,顎顔面筋研究の基礎と臨床:舌発生におけるBMPの役割と臨床への展望.48回歯科基礎医学会学術大会,鶴見大学記念館・大学会館,2006921.

          受賞歴

          学術大会優秀発表:6自由度下顎運動再現ロボット(6DOF/R2)について.日本矯正歯科学会設立75周年記念大会,第60回年次大会第3回国際会議,東京国際フォーラム.20011011日.

          一覧へ戻る

          page top