お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日

BLOG

ドクターズブログ

翼状捻転(winging 相対捻転の治療)と治療例

中切歯に見られる不正咬合

中切歯(一番前の前歯)に限局した不正咬合として翼状捻転(相対捻転)、正中離開があります。しかし、これは部分矯正で治るという簡単なものではありません。

翼状捻転

翼状捻転(よくじょうねんてん、winging)は上顎中切歯が左右対称的にねじれたようになっている不正咬合です。私たち日本人には多いと言われています。どうしてできるか?というのは諸説あります。もともとねじれていた。あるいはその隣の側切歯が早くはえてきてしまい場所がなくてねじれた状態になったとも考えられます。このこの翼状捻転を回転させて治そうとすると場所がないので前歯は前方に傾斜して出っ歯になってしまいます。

局所の不正咬合も全体的に歯を移動させる必要があります。

相対捻転

翼状捻転の逆向きにねじれている状態を相対捻転と言います。この2つを合わせて対称捻転と言います。これは白人に多い歯並びです。歯列弓の形が白人は細長いのが影響していると思います。

翼状捻転とは逆向きにねじれています。歯列弓の形もU字型ではなくV字型です。

治療としては全体的な治療が必要になることの方が多いです。

リンガルブラケットを用いた翼状捻転の矯正治療

Case Report No.228 叢生 翼状捻転 非抜歯

Case Report No.220 正中離開 叢生 非抜歯

Case Report No. 218 叢生 翼状捻転 非抜歯

Case No. 213 う蝕による欠損歯が多い 叢生 口もとの突出

Case No. 203 翼状捻転 上顎前突

Case No. 126 相対捻転 叢生 非抜歯症例

Case No. 148 先天欠如 乳歯の晩期残存 過蓋咬合(かがいこうごう)翼状捻転

Case No. 70 上下前歯の著しい叢生 翼状捻転 かみ合わせが深い上顎前突

Case No. 182 中学生だってリンガルブラケット 相対捻転 非抜歯

Case No. 23  歯周病 叢生 翼状捻転 40歳からの矯正治療

Case No. 62 典型的な翼状捻転(よくじょうねんてん)

Case No. 141 乱杭 叢生 翼状捻転 対称捻転

Case No. 131 翼状捻転(よくじょうねんてん)の矯正治療

Case No. 135 相対捻転 歯列の形がV字型です 非抜歯治療

Case No. 150 非抜歯 叢生 翼状捻転(よくじょうねんてん)

Case No. 158 前歯部叢生 非抜歯

Case No. 27  前歯部叢生 非抜歯

Case No. 124 前歯がねじれ 翼状捻転 前歯部叢生

 

 

 

 

一覧へ戻る

page top