初回カウンセリングを予約する
お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日

BLOG

ドクターズブログ

翼状捻転(winging)と相対捻転、前歯の捻じれの治療

中切歯に見られる不正咬合

中切歯(一番前の前歯)に限局した不正咬合として翼状捻転(相対捻転)、正中離開があります。中切歯は上顎の正中にある歯です。意外に思われるかもしれませんが、う蝕の罹患率は高いです。前歯にレジンで詰め物がされている、あるいは差し歯になっている事が多いのはこのせいです。部分矯正で治るという簡単なものではありません。最近は矯正歯科のトレーニングを受けていない歯科医が部分矯正やマウスピース矯正に手を出します。根底にはコンビニより多い歯科医院の歯科不況があります。なりふり構わないやり方には賛同はできません。患者様にご迷惑がかかります。トラブルになります。これにはご注意ください。矯正専門歯科医院でご相談ください。

翼状捻転とは

翼状捻転(よくじょうねんてん、winging)は上顎中切歯が左右対称的にねじれたようになっている不正咬合です。私たち日本人には多いと言われています。どうしてできるか?というのは諸説あります。もともとねじれていた。あるいはその隣の側切歯が早くはえてきてしまい中切歯の萌出する場所がなくてねじれた状態になったとも考えられます。この翼状捻転を回転させて治そうとすると場所がありません。前歯は前方に傾斜させて場所を作り排列できますが、出っ歯になる可能性があります。日本人の中切歯は前後の辺縁に厚みがあります。これがシャベルに似ている事からショベル型前歯と呼びます。

局所の不正咬合でも全体的に歯を移動させる必要があります。排列する場所が足らないからです。

翼状捻転(相対捻転)の原因

乳歯の永久歯への交換に原因があります。翼状捻転している歯は中切歯です。中切歯が萌出してくる前に側切歯が生えてきてしまった。そしてさらにその後方の犬歯が生えてきてしまった場合、萌出スペースの不足が起きます。この写真でも翼状捻転している中切歯の大きさでは排列するだけのスペースはありません。乳歯の交換順序は非常に重要です。将来、お子様の矯正治療をお考えなら乳歯がある状態で早めに矯正専門歯科医院に相談に行かれてください。

翼状捻転の治療

非抜歯(歯を抜かないで治療した例)

中切歯が典型的な翼状捻転です。2番目の側切歯が早く萌出したために中切歯は正常な位置に回転する事ができません。その他の歯は乳歯です。この時期は8歳から10歳までによく見られる状態です。

リンガルブラケットを接着して治療しています。第二大臼歯が萌出して咬合した事を確かめて治療を終えます。第二大臼歯は前から7番目の歯です。ちなみに親知らずは第三大臼歯で8番目になります。この状態までは最低でも治療しなければなりません。12歳から14歳になります。小学校6年生から中学2年という所ですね。最近では高校生になってからやっとはえてきたといった患者様も多くいます。

抜歯症例

さらに悪化した状態の症例です。側切歯が反対咬合になっています。上下顎骨の前後的な位置関係、前歯の傾斜角度、横顔やe-ラインなどを考慮して上下小臼歯を抜歯してリンガルブラケットを用いて治療する事にしました。何よりも前歯を排列させるスペースがありません。

約2年が経過した状態です。翼状捻転、側切歯の反対咬合は改善しました。口もともさがり横顔が改善しました。

抜歯、非抜歯は精密検査の結果、患者様のご希望をお聞きして判断させて頂いています。

相対捻転

翼状捻転の逆向きにねじれている状態を相対捻転と言います。この2つを合わせて対称捻転と言います。これは白人に多い歯並びと言われています。歯列弓の形が白人は細長いのが影響していると思います。歯列弓を見ると三角に見えます。

翼状捻転とは逆向きにねじれています。歯列弓の形もU字型ではなくV字型です。

治療としては全体的な治療が必要になります。

相対捻転の治療例

相対捻転の治療例です。翼状捻転と反対方向にねじれています。厳密に言うと翼状捻転も相対捻転に含まれます。そのために歯列弓の形はV字型です。この捻転は白人に多いと言われています。アイ矯正でも例数は少ないです。そして今の所すべての症例が非抜歯で治療しています。

非抜歯、リンガルブラケットで治療しました。歯列の形を整えると排列するといった治療になります。非抜歯ですと治療期間も短いです。約1年もすればリンガルブラケットを外す事ができます。。

セファリックインデックス(頭蓋指数、cephalic index)

白人がキャップ(帽子)がよく似合う事は知られています。これは彼らの顔の幅が狭い事が関係しています。これに対して日本人はお顔の幅が広い人が多いのが特徴です。小顔の方はキャップが似合いますが、顔の大きな人はかぶるのに勇気が要ります。このお顔の幅と頭の長さの比率を頭蓋指数と呼びます。これが歯列の形態と相似だと言われています。前歯の捻じれる方向(捻転)が人種によって異なるのもこれと関係があると思います。

日本人の歯列形態

日本人の歯列は幅が広く、白人の歯列は幅が狭く奥行きがあります(ナローアーチ)。このために日本人は翼状捻転が多いのですが、白人はこの逆向きの相対捻転が多くなると考えられます。また、日本人には機能性の反対咬合(下顎前突)が多いとも言われています。これは噛む動作の時に前歯がぶつかって、その結果反対咬合になる事を言います。骨格性ではありません。これも奥行きのない幅の広い歯列の形態が影響していると考えられます。

 

アメリカから直接輸入した治療法はそのままでは使用できません白人のように狭い歯列になってしまいます。ストレートワイヤーと言われる治療法がアメリカから入ってきた時にそのベースになっているデータは白人のものでした。そのために仕上がりが狭い歯列で上下前歯が内側に傾斜した状態になりました。今は改善されていると思います。私が使用しているリンガルブラケットは日本生まれです。そしてデータは日本人の正常咬合者から算出されたデータを使用しています。ご安心ください。

 

リンガルブラケットを用いた翼状捻転の矯正治療例

治療例 No. 249 前歯の捻転 非抜歯

治療例 No. 251 相対捻転 叢生 非抜歯治療

治療例No.240 左右非対称 交叉咬合 非抜歯

治療例No.228 叢生 翼状捻転 非抜歯

治療例No.220 正中離開 叢生 非抜歯

治療例No.218 叢生 翼状捻転 非抜歯

治療例No.213 う蝕による欠損歯が多い 叢生 口もとの突出

治療例No.203 翼状捻転 上顎前突

治療例No.126 相対捻転 叢生 非抜歯症例

治療例No.148 先天欠如 乳歯の晩期残存 過蓋咬合(かがいこうごう)翼状捻転

治療例No.70 上下前歯の著しい叢生 翼状捻転 かみ合わせが深い上顎前突

治療例No.182 中学生だってリンガルブラケット 相対捻転 非抜歯

治療例No.23  歯周病 叢生 翼状捻転 40歳からの矯正治療

治療例No.62 典型的な翼状捻転(よくじょうねんてん)

治療例No.141 乱杭 叢生 翼状捻転 対称捻転

治療例No.131 翼状捻転(よくじょうねんてん)の矯正治療

治療例No.135 相対捻転 歯列の形がV字型です 非抜歯治療

治療例No.150 非抜歯 叢生 翼状捻転(よくじょうねんてん)

治療例No.158 前歯部叢生 非抜歯

治療例No.27  前歯部叢生 非抜歯

治療例No.124 前歯がねじれ 翼状捻転 前歯部叢生

 

 

 

 

 

矯正
一覧へ戻る

RECENT POST

ARCHIVES

RANKING

人気記事はこちら!

page top