初回カウンセリングを予約する
お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日

BLOG

ドクターズブログ

何歳まで矯正治療できるの?60歳から矯正治療は可能ですか?そのリスクは?

何歳まで矯正治療はできるの?

こんな疑問を持たれている方は多くいると思います。私と同じ世代の方達、あるいはそれ以上の60歳代、70歳代の方を実際に治療しています。“何歳までできるか?” “私は何歳でもどうぞ”とお答えします。私たちが矯正のもっとも適した年齢は高度成長の始まる頃です。1964年の東京オリンピック、1970年の大阪万国博覧会この時期におそらく矯正の専門歯科医院は全国に50件も満たなかったのではないでしょうか?実際、私が大学の矯正科に入局した昭和60年(1985年)、この時期に矯正治療のできる歯科医は100人もいないと当時の教授が言っていました。従って、今50代以上の方で不正咬合のままという方が多いのは当然の事です。あの頃は一般歯科医院の待合室に患者様があふれていました。1日に50人以上の患者様を1人の歯科医が治療していたなんていうのは普通でした。良い治療はできませんね。地方都市には矯正歯科医がいませんでした。

実際に治療した例を見て頂きながら矯正治療の必要性を考えて頂きたいです。

歯周病(ししゅうびょう、歯槽膿漏)と矯正治療

ブラッシングをきちっとしているのによくならない。改善しないという患者様は多くいます。歯並びを整える事によってお口の中の環境が変化します。口腔清掃がしやすくなる事が歯周病の改善につながり、よい結果につながります。

歯茎の色も赤く、歯肉から排膿もありました。特に重篤な歯は上顎左側の側切歯でした。この患者様は全体的にはかみ合わせが深いタイプの上顎前突です。そして状態の悪い側切歯は交叉咬合(反対)になっている歯でした。来院時のレントゲン写真をお見せします。

緑のラインは歯槽骨の上縁です。上顎側切歯はかなり低い位置まで骨がおおわれていません。この歯は保存不可能と判断しました。動揺と排膿もありました。さらに下顎右側側切歯を抜歯しました。リンガルブラケットで矯正治療を開始しました。

大変かみ合わせが深いのでまずは下顎からリンガルブラケットブラケットを装着しました。下顎前歯が上方に伸びあがっているのがわかります。これが噛み合わせが深くなった原因です。下顎前歯を骨の中に入れる方向で移動させます。これを圧下とよびます。歯周病の患者様にとってはこの方向の歯の移動は望ましい事です。歯が骨から出るような方向の力は加えてはいけません。これが歯周病を罹患している患者様の矯正治療で重要な事です。

伸びあがっていた下顎前歯が下がりました。下顎歯列は平らになりました。これをレベリングと呼びます。上顎左側側切歯を抜歯しました。下顎前歯は圧下されて噛み合わせが改善してきました。

治療中は毎回のブラッシングとスケーリングをおこないました。その結果、歯茎の色は健康なピンク色に変化しました。よくなった事がわかると思います。

わずかですが骨の付着位置が改善してきました。ここまでの治療期間は26か月でした。

装置をはずしてから6年が経過した時の状態です。

 上顎にはワイヤー固定式のリテーナーが装着されています。とても良好です。

歯周病の進行は認められません。骨の付着位置の低下もありません。このままブラッシングや定期的なスケーリングで管理していけば一生ご自身の歯で過ごす事ができます。この時点で患者様は60代の半ばになっていました。

反対咬合(受け口、下顎前突)のために下顎前歯の動揺が止まらない。歯を抜かずに治療しました。

50代後半の患者様です。受け口のために下顎前歯が開くように前に押し出されていました。ピンセットで触るとかなりグラグラと動揺します。この状態のままだと近い将来、下顎前歯を失う事になります。この状態を咬合性外傷と言います。噛む事で外傷になってしまうという事です。

非抜歯、リンガルブラケットで治療を開始しました。

レントゲン写真をご覧になって頂くと上顎前歯が下顎前歯を押し出しているような反対咬合(受け口)になっています。これでは下顎前歯が骨から出て行ってしまいます。

徐々にかみ合わせが変化しだしました。この時期は患者様は噛めなくて大変な時期です。下顎前突の治療途中では下顎前歯が上顎前歯の内側に移動しなければなりません。その時期は前歯の噛み合わせが不安定になります。成人の患者様の場合は前歯が萌出し始める6歳からこの状態です。約41年間反対のままです。これを改善します。大変な変化です。歯が抜けなくてよかったです。

受け口が治ってきました。噛んでいなかった臼歯部も咬合してきました。臼歯が噛んで来る事が前歯の負担を減らす事につながります。

ブラケットが装着されている最後の状態です。ここまでの治療に20か月を要しました。一年半と言ったところです。スピード感のある矯正治療でした。どんどん良くなっていったというイメージです。

治療前後の重ね合わせを見て頂くと下顎骨が後方に移動しています。反対で噛んでいる時に下顎が前方に誘導されていました。治療が終わった時には60歳になっていました。大変喜んでくださいました。長年、悩んでいたのがよくわかりました。治療しなければ間違いなく下顎前歯は失ったはずです。

叢生、口もとが出ている事の改善:第一小臼歯抜歯症例

お子様が他の歯科医院で矯正治療をおこない、とてもきれいな状態になった事をきっかけでアイ矯正歯科に来られました。同じ歯科医院で治療しなかったのはリンガルブラケットでの治療を希望されていたためです。実はこういった患者様は他にもいます。

前歯部に叢生があります。上下前歯が前方に傾斜しています。口もとが出ていました。上下顎前突です。

レントゲン写真からも上下前歯が前突しています。上下顎前突です。

上下左右第一小臼歯を抜歯して矯正治療が始まりました。

叢生は解消しています。前歯を内側に移動している所です。

リンガルブラケットを外し直前の状態です。

前歯が内側に大きく移動しました。同時に口もとも下がりました。

ここまでの矯正治療に33か月を要しました。第一小臼歯を抜歯してその隙間を使って歯を排列しました。

60歳を超える年齢の患者様の矯正治療を見て頂きました。この年代の方の口の中は冠がかぶさっていたり、歯を失ってインプラントになっていたり、差し歯だったりと色々な事があります。その患者様それぞれのお口の中でベストな状態を作る事に集中して治療をおこないます。あきらめないでください。ご自分が長年のコンプレックスや悩んでいた事が解決あるいは軽減させることができます。

60歳過ぎからの矯正治療、そのリスクは?

はっきり言ってリスクはありません。最初に精密検査をします。そこで問題点の抽出をおこないます。それに対してどうアプローチしていくかを検討します。歯列を拡大するような治療はしません。骨の中から歯が出ていく方向に移動させません。歯の移動方向には注意しています。

すでに成長発育はありません。唾液の分泌量も年々減少していきます。女性の患者様によく見られる現象です。こういった加齢とともに起きる変化を考慮しています。特に上顎前突で前歯を唇でおおう事ができないような場合はブラッシングなどをしても前歯の歯周病の改善は見込めません。前歯部の歯肉が乾燥してしまうからです。お口の中の健康が第一でその環境づくりを矯正治療がダイナミックにおこなう事ができます。歯周病やう蝕は毎月の来院時に必ず歯科衛生士が確認し、機械的に歯を研磨します。最後にフロスを歯と歯の間に通し、歯と歯の間にう蝕はないか?確認して矯正治療に移行します。矯正治療をしていない時よりも口腔内は清潔になります。

 

このままで死ねるか?そんな思いが伝わってくる患者様が多くいます。長年気にしてきた。しかし、矯正治療を受ける機会に恵まれなかった。リンガルブラケットがその夢を達成させるために日本で生まれた治療法です。

一覧へ戻る

RECENT POST

ARCHIVES

RANKING

人気記事はこちら!

page top