お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日

BLOG

ドクターズブログ

すきっ歯 空隙歯列弓

すきっ歯(空隙歯列弓)の治療

矯正歯科医の世界ではデコボコ、叢生よりもすきっ歯の方が難しいです。すきっ歯もデコボコも歯を並べる場所と歯の歯冠部の大きさの不調和によっておきます。歯と骨を分けて考えて下さると理解しやすいです。

 

骨の大きさに対して歯の大きさが大きい場合:叢生

   ・前歯の傾斜角度、横顔、口もとなどによっては、側方拡大、前方拡大  

    をして非抜歯で排列する。

   ・小臼歯などを抜歯して顎の大きさに合わせる。

歯の大きさに対して骨の大きさが大きい場合:空隙歯列弓

  ・歯の移動によって閉鎖する。

  ・それができなければ一般歯科でインプラント、ブリッジなど人工的な歯 

   を入れる。

叢生の場合は歯を抜くという方法があります。しかし、空隙歯列弓、すきっ歯の場合は骨を切除するという手段はありません。それがこの治療を難しくしている原因です。歯を移動する事によって解決できるのがベストですがそれができないほどの隙間の場合は、歯を大きくする、どこかにインプラントを入れるなどが考えられます。それでも例えばインプラントを入れるには最小のスペースは5㎜必要になります。さらに5㎜の歯だと場所によっては小さく不自然な歯になります。不自然な感じにならないように矯正治療ではを動かす必要があります。

リンガルブラケットで治療した空隙歯列弓(すきっ歯)

Case No. 64 正中離開 すきっ歯

Case No. 106 正中離開 すきっ歯 空隙歯列弓 spaced arch 先天欠如

Case No. 164 すきっ歯 上顎前突(出っ歯)

Case No. 153 正中離開 空隙歯列 先天欠如

 

 

 

 

 

 

一覧へ戻る

page top