お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日

REMEDIAL EXAMPLE

治療例

Case No.162

出っ歯治療例

男性20代茨城県水戸市

Case No. 164 すきっ歯 上顎前突(出っ歯)

上下の前歯に隙間が空いています。上顎前歯は突出していて上顎前突(出っ歯)の状態です。こういった場合はまずは隙間を閉じる事から行います。初めから歯を抜くと言う選択はしません。その後、再診断を行って必要があれば抜歯します。この患者様の場合は隙間を閉じただけでは出っ歯は治りませんでした。そこで上顎左右第一小臼歯を抜歯して前歯を内側に移動させることになりました。
どうでしょうか?外す直前の状態です。

出っ歯は改善されました。水戸市から通院してくれました。通院間隔も1か月に1度とはいきませんでしたが最後まで頑張ってくれました。これからは保定装置をしっかり使用してもらいます。掲載に協力して頂いてありがとうございます。

今回もアンカースクリュウなどは使用していません。。
歯を抜く事以外の外科処置は行っていません。
装置を表側に着けることは決してありませんでした。
すべてが裏側からのアプローチで終わっています。

DIAGNOSIS

院長 福井の診断ノート

診断名 : 空隙歯列弓を伴った上顎前突

上下の前歯部に歯と歯の間に隙間がありました。空隙歯列弓と言います。さらに上顎前突でした。

FROM DOCTOR

担当医より

空隙歯列弓は要注意です。でこぼこしていて排列する場所がない症例よりは難しいです。歯を排列させる場所があまっていても骨を除去する事はできません。まずは隙間を閉じて、そこでひとまず立ち止まって再診断します。その後に歯を上顎の小臼歯だけを抜歯して治療をおこないました。すべて裏側からリンガルブラケットによる矯正治療です。周囲の人には気づかれなかったはずです。

一覧へ戻る

page top