初回カウンセリングを予約する
お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日

BLOG

ドクターズブログ

過蓋咬合(深い噛み合わせ)とは?原因と放置のリスク・治療について

過蓋咬合とは?

“蓋”この字は“ふた”と読みますが、過蓋咬合は“蓋が過ぎる”蓋がかぶさったような歯並びを言います。これは上顎前突(出っ歯)の分野に入ります。出っ歯というと上顎前歯が前方に傾斜しているイメージである一方、過蓋咬合は深いかみ合わせを指すため、出っ歯とは違うと思われる事でしょう。しかし、これもれっきとした上顎前突の仲間です。

予約フォーム

過蓋咬合になってしまう原因

顎の骨格による原因

Aは下顔面高(かがんめんこう)と言います。Bは下顎下縁平面角(かがくかえんへいめんかく)と言います。

骨格性の過蓋咬合の患者様はこの下顔面高が小さく、下顎下縁平面角も小さい方が多く、それによってかみ合わせが深くなります。遺伝的か?と言われるとお顔立ちがご両親に似ているという点で影響していることも考えられます。

歯の原因

写真は過蓋咬合の患者様のものですが、見ていただくとお分かりの通り、下顎の前歯を正面から見る事ができません。

特徴的なのは、上顎前歯がお辞儀したように後方に傾斜しています。後方に傾斜しているとかみ合わせはドアを閉じたように深くなります。具体的にこの患者様は左図に示している角度が約77°しかなく、日本人の平均値は104.34°であるため約30°も小さくなっています。

 

そのままにしておくリスク

あまりにひどくなると下の歯は上の口蓋の粘膜と噛むようになります。次第に粘膜に歯の痕がつきます。さらに進むと骨に痕がつき、骨が削れているような状態になっている患者様もいます。深い噛み合わせのために下顎が自由に動けない状態が長く続くのもよくありません。下顎を前方に出す事ができません。

治療法について

過蓋咬合はリンガルブラケットでは治療できないと言われています。それは上顎前歯の裏側にブラケットを接着すると下顎前歯のぶつかってしまうからです。実はそれは最初だけです。すぐに上顎前歯にもブラケットが装着できるようになります。アイ矯正歯科クリニックにはこうした他の医院で断られた患者様が多く来院されます。これは私どもの役目だと認識しています。

 

治療例

診断名過蓋咬合
治療法リンガルブラケット
年代20代
性別女性
治療期間31ヶ月
リスク歯の移動が大きいことによる動揺
費用費用:約135万円(税込)

下顎にはオープンコイルスプリングが装着されています。

上顎第一小臼歯を抜歯しました。

上顎前歯を内側に移動しています。

最後のワイヤーを装着したところです。来月には装置をはずします。治療期間は31か月でした。

クリアタイプのリテーナーを装着したところです。

 

裏側矯正(舌側矯正)に関してのより詳しい解説はこちら

 

治療例

治療例No.224 叢生 非抜歯

治療例No.183 上顎前突 深いかみ合わせ

治療例No.70 上下前歯の著しい叢生 翼状捻転 かみ合わせが深い上顎前突

 

【過蓋咬合の治療について】

治療内容 : リンガルブラケットを用いた舌側矯正

治療費総額:135万円~155万円(税込)

※上記は標準的な費用です。保険適用外の自由診療となります。

治療期間 : 12か月~36ヶ月(症状や抜歯の有無によって異なる)

 

【リスク、副作用について】

・歯根吸収(歯根が吸収され短くなる)や歯肉退出(歯肉が下がる)が起こることがあります。

・ブラケットの周りにプラークが付着することにより、虫歯になりやすくなる場合があります。

・矯正治療中は歯の移動に伴い、動揺が起こる場合があります。一般的に移動が終了し2週間程度で解消いたします。

・矯正器具の装着に伴い、違和感や痛みを感じる場合があります。当院ではワックスやガードによる保護を行っています。

 

福井 只美
 

このブログの執筆者
福井 只美医師(日本矯正歯科学会指導医・認定医)

リンガルブラケットについては長年の経験があり、
自身で開発したダブルワイヤーテクニックを用いた治療を得意としております。                
矯正
一覧へ戻る

RECENT POST

ARCHIVES

RANKING

人気記事はこちら!

page top