お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日

BLOG

ドクターズブログ

アライナー型装置 マウスピース型装置の日本矯正歯科学会の見解

アライナー矯正 マウスピース矯正は一時的な流行

最近、アライナー型装置、マウスピース様装置とも分類される装置について聞かれる事があります。ブラケットを接着せずに歯を排列できるの?と言った質問を受ける事があります。それが真実だと矯正歯科医は必要がなくなります。また、特別なトレーニングの必要もありません。将来、薬局やコンビニで販売しても治る時代が来るのだろうか?という錯覚すら起きます。リンガルブラケットの治療ができない歯科医にとってこれは朗報だったのかもしれません。

実際にはどうでしょうか?ここでもっとも信頼される団体である矯正歯科学会、公益社団法人日本矯正歯科学会の見解を以下にコピー&ペーストします。

アライナー型矯正装置(仮称)について(日本矯正歯科学会のホームページより)

昨今、日本におきましても、カスタムメイドの透明なマウスピース型矯正装置(以下アライナー)の使用が増加しております。
しかし、このようなアライナー型の矯正装置に関する臨床的研究は少なく、その安全性と有効性が科学的に高いレベルで明らかにされるには至っておりません。
したがって、この装置に対する社会の期待は大きいものの、全ての症例を本装置のみで治せるということは考えにくく、この治療方法に関する様々な広告内容も学会倫理規定に沿ったものであるかは不明です。
また、使用の適否の判断や不測の事態への対処、治療結果は、術者たる歯科医師の責任となります。
そのため、矯正診療に関する専門的教育(教育機関における基本研修)を修めた上で、高度な診断能力、治療技能、経験を有していることが不可欠です。
治療を受けられる際には、その治療法の利点・欠点、及び代替治療法について、十分に説明を受け、理解された上で、同意されて下さい。

 

という記載が日本矯正歯科学会のホームページに掲載されています。“魔法の治療はないので気をつけて”と言った事でしょう。実際にトラブルになった報告事例が多くよせられ、こういった見解を学会のホームページに掲載せざるを得なくなったと思います。〇〇ラインと言われている装置がそれになります。すべての矯正治療がこれで治療できるかの期待がありますが、所詮はマウスピースでそんな事ができるわけはありません。では根本的に何が問題なのでしょうか?装置は形から判断できます。

 

マウスピース様装置に対するアイ矯正歯科の考え

私の考えを記載させていただきます。ブラケットを使用した矯正治療は歯をワイヤーの弾力性を矯正力にして歯を移動させます。ワイヤーを曲げる事によって三次元的に移動できます。ブラケットには様々な附属装置が装着できます。スプリング、ゴムなどです。そしてワイヤーの種類も多くあり、歴史も長く発展して来ました。私たちが使っているリンガルブラケットもこの中に含まれます。一方マウスピースを入れて移動できるのは主に横方向だけです。縦方向、垂直方向への移動は難しいという事はマウスピースの形態から容易に判断できます。装置が歯全体をおおっているからです。また装置を装着していると上下の歯は触れていません。かみ合っていません。しかし、不正咬合は横方向だけではありません。垂直方向の不正も多くあります。例えば開咬とか過蓋咬合。噛んでいない、かみ合わせが深いと言った不正です。患者様はこの縦方向の不正に気付いていない事が多いです。噛んでいない。実際に治療する側としてはこの縦方向の不正を治療する方が難易度は高いです。この縦方向の不正に感心が低いためにマウスピースで簡単に治療できると思われるのではないでしょうか?自分で取り外しができるというのは利点でもあり欠点でもあります。取り外しができるので外している時間が長いと治療効果は低下します。“あなたが使用しないから治らないんです”と言われてしまうかもしれません。多くの患者様は横顔を気にします。しかし、マウスピースを制作した人は患者様に会った事も話したこともありません。歯科医は作られた装置を装着するだけでその場ではほとんど何もできません。これが実態です。治療効果をお考えでしたらマウスピースよりもブラケットを選択してください。

 

日本人の歯並びは悪いので有名です。成人矯正では抜歯が必要になる事が多いです。“口もとを下げたい”という場合は小臼歯を抜歯することになります。小臼歯の大きさは6㎜~7㎜はあります。これが両側だと2倍ほどあります。これを動かすのにマウスピースで可能だろうか?一体マウスピースをいくつ作ればよいのでしょうか?

 

やはりごくわずかな不正にのみ、あるいは歯を抜かなくても済むような不正にのみ適応させるべきです。同じメーカーの装置ならどこで治療しても同じです。術者による差は出ません。私はお勧めはしません。

 

おそらく日本矯正歯科学会も問い合わせやクレームなどが多くてかなり困ったのでしょう。想像できます。リンガルブラケットが得意なアイ矯正歯科クリニックはこういった危うい治療はおこないません。適正な使用法を守っていればこういった一時的なブームがされば落ち着くはずです。

 

 

矯正治療は一生に一度の重要な治療です。よくお考えになって決めてください。

過蓋咬合(かがいこうごう)かみ合わせが深い症例とその治療例

開咬(かいこう)とは?その治療例

 

一覧へ戻る

page top