初回カウンセリングを予約する
お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日

BLOG

ドクターズブログ

30代、40代でも遅くない!大人の歯科矯正の年齢別の治療例をご紹介

歯並びの悩みから矯正治療を考えるにあたって、年齢を気にされる患者様は少なくありません。当院では30代、40代の患者様を診察するケースも多いのですが、カウンセリングをさせていただく中で「今から歯科矯正を始めるのは遅いのではないか」といった不安を感じられている方がいらっしゃいます。

 

結論としては、まったく年齢を気にされる必要はありません。本日はその理由をご紹介したいと思います。

30代、40代から矯正治療を考えるメリット

矯正治療には適齢期というのは実際にはありません。当院でもお子様からご高齢の方まで治療を行っておりますが、年齢とそれに応じた骨格、歯肉、口腔内の特性があり、それらを踏まえて治療計画を立てさせていただきます。「小さいときに行った方が、歯並びに悩む年月が短くて済む」点を除けば、長年の経験を踏まえても「適齢期」と呼べる時期はないと考えています。

それでもメリットとして申し上げておきたい点は、ご自身の蓄えで、分割払いで矯正治療を始めるにあたっての経済的な余裕ができるのが30代~40代だと考えているからです。実際に30代の患者様が占める割合はアイ矯正歯科ではもっとも高くなっています。また相談に来られて実際に治療を始められる割合がもっとも多いのも30代になります。

当院の扱う裏側矯正を始めた矯正治療の多くは自由診療であり、一定の期間と費用を要するものとなります。加えて基本的には人生で一度きりの治療となるため、クリニック選びを間違えることはできません。ご自身ですべてを決められるという年齢で、かつ一定の蓄えがあることで変に安価な治療法に頼ることなく、クリニックや矯正医を正しく選ぶことができると考えています。(尚、アイ矯正では分割払いを扱っており、総額を割り算をするだけでローン・信販会社などの介在はなく、利息手数料が発生いたしません。審査も不要です。)

また、30代~40代の方は昭和の後半から平成生まれとなりますが、その年齢の方の保護者の年齢は50代、60代ですね。おそらくその年齢の方で矯正治療の経験のある方は1%にも満たないと思います。地方によっては矯正歯科医がいないという所もありました。ご両親に矯正治療の経験がない、また興味がない、歯を抜かれるのは不安などの矯正治療に関する誤解も存在しています。未知の世界に不安を感じるのは当然の事で、小児では矯正治療に触れることなく、30代になって矯正治療を検討されることが多いのだと感じます。

実際に治療した例を見て頂きながら解説していきます。30代の女性の患者様です。

この状態で来院されました。とてもお綺麗な小顔の方です。小顔となればこういった歯並びは想像できます。歯列の大きさに比べて歯の大きさに差があります。よく目にする間違った治療は歯を排列させるために歯列を拡大させるというものです。すでに成長発育はありません。拡大という行為は歯を骨から押し出す事になります。過剰な拡大は危険です。この患者様の場合は八重歯の上方の歯茎がまだ痩せていません。歯肉の付着部は上にあがっていません。これは年齢とともに上にあがってしまいます。そうなるとこの八重歯を抜歯する事になります。この患者様の場合は口腔状態はとてもよく、しっかり毎日のブラッシングを頑張っていたのがよくわかります。30代の患者様のう蝕罹患率はそれ以上の高齢の患者様に比べて低いです。“昭和と平成の違いを感じます”これは予防の影響が強いと思います。テレビでの歯科のコマーシャルはほとんどが予防に関する事です。ついには知覚過敏にまでその領域が拡大されています。

 

八重歯はどうして矯正治療のために抜歯しないか?説明します。

八重歯をグリーンの枠で囲って見ました。他の歯に比べて長い歯根と矢じりの様な特徴的な形をしています。これが犬歯という特別な役割のある歯です。犬歯が抜歯されない理由になります。ではこのまま八重歯のままにしたらどうなるのしょうか?さらに年齢の高い患者様です。

八重歯を放置するとどうなるか?

この患者様のように八重歯の上の歯茎がやせて歯根面が露出してきます。こうなるとこの八重歯を抜歯して矯正治療する事になります。八重歯のお婆ちゃん、お爺さんに会った事がありますか?私はすぐには思い浮かびません。おそらく昔は矯正治療せずに抜歯していたはずです。抜歯すればきれいな歯並びになるのでしょうか?そんな事はありません。わずかな隙間が残り、すきっ歯になります。前後の歯を削りブリッジにしたり入れ歯にしたりします。前後の歯の寿命を短くしてしまいます。負の連鎖になってしまいます。

30代八重歯の患者様の矯正治療を見て頂きます。

上下左右の第一小臼歯を4本抜歯しました。すべては裏側からリンガルブラケットで治療開始です。

装置を外す前の状態です。八重歯は下に下がって来ました。歯茎も大丈夫です。30代、40代の矯正治療はほとんど何のリスクもありません。これで八重歯によるお口の中の不健康状態は解消されました。また口もとが膨らんだ状態も解消し、さらにおきれいなスッとした口もとになりました。ブラッシングもおこないやすくなりました。これなら一生ご自分の歯で過ごせます。

30代 反対咬合、下顎前突の矯正治療

前歯部反対咬合の患者様です。受け口、反対咬合、下顎前突は同じ意味の言葉です。側面頭部X線規格写真から上顎骨よりも下顎骨が少し前方にある事がわかります。骨格性下顎前突という事になります。しかし、骨格性下顎前突だからといって必ず手術が必要だという事はありません。手術が必要でない患者様の方が多いです。

緑色の枠で囲った部分は下顎左側中切歯です。この歯の歯茎の付着位置が下がっています。これは咬合性外傷が原因です。噛む事によって外傷になる。反対咬合でかみ合わせが悪かったためにこの歯には大きな荷重が加わったために歯茎が下がってしまいました。この状態が改善するという事はありませんが、これ以上はさがらないようにするためにも矯正治療は必要です。

歯を抜かずに治療ができました。あと少しで装置をはずす事ができます。反対咬合を気にしている患者様は多くいます。手術しなければ治らないのか?と不安に思っている人もいます。実際には手術になることは大変少ないです。もちろんリンガルブラケット(裏側矯正)で治療して手術をする事も可能です。

差し歯があっても大丈夫です。矯正治療は可能ですか?

前歯を差し歯にすれば口もとが改善する。出っ歯が治ると思っていた。しかし、実際には口もとは出たままだったという方は多くいると思います。以前は差し歯で歯並びを治した。しかし、満足できない。この患者様もそんな方でした。

レントゲン上で白く写っているのは金属やセラミックの歯です。歯根の中に白く写っているのは神経を取った後に充填されているお薬です。下顎前歯以外の歯はほとんどが治療されています。神経の取られている歯も多くあります。“昭和の治療”を感じさせます。

口もとが出ているのを治療したいということでした。前歯は出っ歯を下げるために差し歯にしたとも言っていました。しかし、口もとは突出したままでした。大変お気の毒です。

冠がかぶっていて状態の悪い第二小臼歯(前歯から5番目)の歯を抜歯して矯正治療開始です。セラミックで作られた前歯はそのままでリンガルブラケットを接着しました。口もとをさげるには4番目の第一小臼歯のほうが有利です。しかし、5番目の歯は神経を取られていました。5番目の第二小臼歯を抜歯して矯正治療する事にしました。

差し歯はなるべく作り直しにならないようにします。高額です。作り直しになればさらに歯を削ります。3度も作り直せば歯はもたないでしょう。状態の悪い歯を抜歯して口もとがさがりました。リンガルブラケットは表側からの治療と違って口もとをさげる事を得意にしています。アンカースクリュウなどは使用しません。必要ありません。

30代 上顎前突(出っ歯)

男性の患者様です。

口を閉じるのがやっとです。普段は左側の写真のようにいつも歯が出ている状態でした。

歯が大きく前に突き出ています。この状態だと前歯の歯肉は常に乾燥状態になり虫歯や歯肉炎、歯周病になりやすいです。良い事はありません。リンガルブラケットによる矯正治療2年6か月後の状態を示します。

もう少しですね。上顎の左右第一小臼歯だけを抜歯して上下リンガルブラケットで治療をおこないました。小臼歯辺りは保定中に自然に歯が噛みあってきます。セトリングと言います。

横顔はとてもきれいになりました。唇も力が入らずに閉鎖する事が可能になりました。まるで別人のようです。ご本人もとても嬉しそうでした。治療にはアンカースクリュウなどは使用していません。歯の傾斜角度などが原因の上顎前突は何歳で治療を始めてもとてもきれいになります。まずは精密検査で現状を把握させてください。

30代、40代の患者様は正直に申し上げてアイ矯正では “welcome” です。20代の患者様と変わらない結果を得る事できます。虫歯や歯周病などに悩んでいる方もまずはご相談ください。専門的な知識のある歯科医と一緒に治療する事が可能です。

福井 只美
 

このブログの執筆者
福井 只美医師(日本矯正歯科学会指導医・認定医)

リンガルブラケットについては長年の経験があり、
自身で開発したダブルワイヤーテクニックを用いた治療を得意としております。                
矯正
一覧へ戻る

page top