初回カウンセリングを予約する
お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日

BLOG

ドクターズブログ

リンガルブラケット(裏側矯正)ではアンカースクリュウは必要ない

リンガルブラケットにアンカースクリュウは必要ない

一般的な表側から接着したブラケットと裏側からのブラケットの違い

下顎前歯をモデルに図を描いてみました。下顎歯列をレベリング(垂直的に平坦化させる行為)を行おうとするとリンガルブラケットは内側に回転しようとします。逆に表側からのブラケットでは外側回転が起きます。これはブラケットの接着された位置によるために必ず起きます。接着位置の違いによる宿命のような現象です。リンガルブラケットでは大臼歯は前方移動しにくいです。これがアンカースクリュウが必要のない理由です。実際には大臼歯を前方に牽引するのが大変な時があるぐらいです。

 

アンカーとは?

船の錨(いかり)と同じです。anchorの事です。前歯を動かす場合はアンカーはそれ以外の部分ですから臼歯という事になります。特に小臼歯などを抜歯した場合は抜いた場所は前歯の移動で使いたいです。しかし抜いた小臼歯の後方にある臼歯も前方に移動してきてしまいます。なるべく臼歯を前方に移動させたくない場合に加強固定装置が必要になります。この中にアンカースクリュウも入ります。

リンガルブラケットの内側回転は大臼歯を後方に押します。そのために大臼歯の前方への移動は妨げれます。従って表側のブラケットに比べて加強固定装置を必要とする機会が減少します。これが必要のない理由です。

 

悪質な歯科医に注意してください。

アンカースクリュウだけは特別な料金を請求する歯科医院があります。矯正治療は本来はすべての装置代金が含まれているはずです。すべての患者様にアンカースクリュウを埋入している歯科医がいると聞いた事があります。必要もないアンカースクリュウの装着は患者様に苦痛を与えるだけです。

 

一覧へ戻る

RECENT POST

ARCHIVES

RANKING

人気記事はこちら!

page top