お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日

BLOG

ドクターズブログ

矯正の治療費はわかりにくい:アイ矯正歯科の治療費について

一般的な矯正歯科の料金について

矯正歯科専門歯科医院はそれぞれ多少の違いはありますが概ね同じような料金システムです。これは出身した大学病院の規定に準じています。大学病院よりも安い設定の治療費という歯科医院はないです。理由は研修施設とすでに一人前の矯正歯科医が治療するという事の違いです。治療の質とレベルが違います。矯正治療費について分かりづらい所があるのでご説明します。基本的には矯正料金はすべて保険の適応にはなりません(顎変形症と先天性疾患を除く)。従って、それぞれの矯正歯科医院で料金は設定されています。一つずつの装置に関して値段がついているわけではありません。ここが分かりにくくしています。請負と言ったイメージを持たれると分かりやすいかと思います。矯正歯科のゴールは個性正常咬合と言います。いわゆる平均値ではありません。患者様それぞれの正常咬合です。このゴールにするという請負が矯正治療費です。従って装置に値段がついているわけではありません。患者様にとって必要なら際限なく変更したり、取り替えたりします。この方が治療はおこないやすいからです。治療がおこないやすいという事は結果も良好だという事につながります。例えばブラケット1つに値段表はありません。ブラケットの位置の変更はよくおこないます。色々なタイプのブラケットも使用します。しかし、取り替えるたびに説明し、料金を頂いていたら大変な事になってしまいます。今日はたくさん治療した。しかし、お支払いは同じです。今日は診ただけだった。それでも同じです。理解していただけない事もあるかもしれませんが、その日におこなった事の対価ではありません。アンカースクリュウだけは別途請求する歯科医院が増えています。これがアンカースクリュウを勧める理由にもなっているという悪い噂も耳にします。アイ矯正はアンカースクリュウは使用していません。アンカースクリュウを世界で最初に使用した歯科医であっても、今は必要は感じていません。リンガルブラケットは一般的な表側の治療に比べてアンカー(固定源)が非常に強いからです。必要ないです。

初診

30分かけてスライドや著書を見ながら副院長が説明します。個室での説明です。話しやすい環境です。

料金は3300円です。アイ矯正では無料相談、無料検査はおこなっていません。きちっと時間を作って説明させて頂いています。無料と言うのはおかしいと思います。“無料相談で私の話を聞いてもらえなかった。”“とても慌ただしく終わった”という事を患者様から聞きます。私は“無料だからですよ”と言います。無料相談中の歯科医、衛生士のお給料は無料ではありません。他の患者様が負担している事をお忘れなく。

精密検査

レントゲン写真

側面頭部X線規格写真(セファログラム)、正面頭部X線規格写真(P-A):この2枚の規格写真は世界共通です。実際の大きさの1.1倍の画像になります。

オルソパントモグラフ:お口の中の様子を全体的に見る事ができます。歯の本数や親知らずの存在などがわかります。矯正治療では小臼歯などを抜歯する事があります。その時にどの歯を抜くかといった資料になります。さらによく見たい歯がある場合は、小さなフィルムをお口の中に入れて撮影する。デンタル撮影をおこないます。

顎間節4分割X線写真:下顎を閉じ時と最大に開けたときの顎関節の動きを観察する事ができます。

アイ矯正でのレントゲン検査は以上です。必要があれば大学病院へCTMRIの撮影を依頼する事があります。実際に重篤な疾患を発見した事があります。

顔面写真

正面:お顔の左右対称性を診ます。さらに左右斜め45度を撮影します。さらに歯が見えた状態での撮影をおこないます。お顔のまんなかに前歯の正中が一致していない事はよくあります。

左右側方(横顔):この写真は重要です。口もとが出ている、下がっていると言った事を気にされている患者様は大変多いです。鼻の高さ、口もとの位置などを確認させて頂きます。

口腔内写真

正面、側方、上下顎歯列:治療痕を診ます。成人の患者様の場合は治療痕があります。どのような治療がされているのか?う蝕(虫歯)は多いのか?など拝見します。

模型

平行模型:1歯ずつの歯の大きさ、歯列弓の長さと幅、歯槽基底部の長さと幅の計測に用いる。

歯列弓の形態、幅などは重要です。歯を排列する目的だけで拡大してはいけません。それが可能かどうかを判断します。

精密検査代は66000円(税込み)です。精密検査はブラケット除去時、保定終了時にもおこないます。

診断時と含めると全体で3回同じ検査をしますが、料金は初回の66000円だけです。治療中のレントゲン写真撮影、歯型、模型なども含まれます。こうしておけば患者様は費用を気にせずに検査をおこなったり、治療の確認をする事ができます。

アイ矯正歯科クリニックの矯正治療前の精密検査

 

矯正基本料金

これが高い、高額だと言われる料金です。施術料と記載する場合もあります。アイ矯正の場合は現在はホームページ上にはリンガルブラケットの治療費しか掲載していません。私どもはリンガルブラケットに出会ったのは1987年の事です。それ以来リンガルブラケットを用いて治療してきました。リンガルブラケットを求める患者様が遠方からも集まるようになりました。結局、リンガルブラケットに特化した歯科医院に成長しました。治療には1時間の治療時間を設定しています。これは一般的な歯科治療の2倍から4倍の時間をかけています。リンガルブラケットはこれぐらい時間をかけないと治療できません。しかし、料金は2倍まではいきません。これが高いか?安いか?は患者様のご判断にお任せします。

アイ矯正歯科クリニックの基本料金は135万円~155万円(税込み)です。上下リンガルブラケット使用です。36回までの無利息、手数料なしの分割払いが利用可能です。審査もありません。アイ矯正と患者様とのお約束だけです。

基本料金の分割払いの適応について

アイ矯正は1994年に開業以来同じ分割払い法です。分割払いは最長で36回が可能です。審査、利息、手数料はありません。一括払いも分割払いも同じ値段です。これは開業当時にデンタルローンなどは存在していませんでした。また治療費のカード払いも一般的ではありませんでした。私どもアイ矯正はそのままです。患者様とアイ矯正とのお約束だけです。大変シンプルです。お互いに信頼関係が成立していなければ治療は成り立ちません。ここだけは昔のままです。申し訳ありません。

処置料金

毎月の治療時に基本料金とは別に8800円(税込み)必要になります。これは定額です。治療は基本的に1時間です。30分、15分という予約の設定はありません。時々2時間という設定をお願いする事があります。大変厳しい症例の場合は長い時間をお取りして治療します。毎回のブラッシング指導、衛生士による研磨、スケーリングなども含まれています。保定になっても同じです。4か月に一度リテーナーのチェック、お口の中を拝見してメインテナンスをおこなっていま。この時も同じ8800円です。この時は高いと思われる患者様もいるかもしれません。一律の費用をお願いしています。

アイ矯正の治療費について説明しました。確かに高額の治療費になります。しかし、それだけの事はあると思っています。表側からのブラケットの治療に比べて3倍ぐらいの技術力が必要だと感じています。しかし、料金は3倍という事はありません。治療中から笑顔で過ごせるのがリンガルブラケットの良さです。多くの患者様を治療する事はありません。リンガルブラケットに触れて35年以上の院長と副院長が担当医制で治療しています。以上です。ご理解して頂けると幸いです。

 

 

一覧へ戻る

page top