お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日

BLOG

ドクターズブログ

teeth settling: セトッリングとは

teeth settlingとは

ブラケットを外した時には噛み合っていない状態でも保定期間中に徐々にもっともよい位置に歯がわずかに移動して噛んできます。これをセトッリングと言います。あまり一般には知られてはいません。また矯正歯科医もこの言葉を知らない事もあります。

 

もし上顎の歯を何らかの理由で抜歯してしまったとします。その状態でそのまま歯は動かないという事はありません。周りの歯がその場所に寄ってきます。そして下顎の歯は上に伸びあがってきます。これは抜かれた場所を補償する行為だと言われています。矯正治療で歯はダイナミックに移動します。そしてその移動した位置を保定するためにリテーナーを使用します。そのリテーナーの使用中に歯は咬合して来ます(噛んできます)これは自然な事です。年単位での変化がゆっくりと起きてきてブラケットを外した時よりもよく噛むようになります。もし噛まないようでしたら咬合調整をしますが、ほとんど必要のない行為です。これは慎重にならないと削った部分はをもとにもどす事はできません。

 

2つのタイプの違うリテーナーの併用

アイ矯正歯科では必ず2種類の保定装置を制作します。clear retainer(クリアリテーナー)とresin-made wrap-around retainr(ラップアラウドリテーナー、ベッグタイプ)を作ります。

clear retainer(クリアリテーナー)

このタイプのリテーナーはマウスピース型です。しかし、これで歯を動かすわけではなく留めておくために使用しています。このリテーナーの利点は透明化できる事です。ほとんど気づかれる事はありません。しかし、欠点がsettling(セトリング)が起きずらいと言われています。それは噛む所までシートがおおっているためです。しかし、私の経験では徐々に起きてきます。

wrap-around retainr(ラップアラウドリテーナー、ベッグタイプ)

このリテーナーはもっとも一般的なリテーナーです。このリテーナーはワイヤーが見えてしまうので、アイ矯正では家にいる時に使用するように指導します。利点は耐久性とsettling(セトリング)が起きる事です。装置を装着していても上下の歯は咬合する事ができます。

 

保定期間中にsettling(セトリング)起きて徐々にとてもよい位置で噛めるようになります。

 

一覧へ戻る

page top