お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日

REMEDIAL EXAMPLE

治療例

Case No.187

乱杭歯治療例

女性20代横浜市神奈川区

Case No. 141 乱杭 叢生 翼状捻転 対称捻転

典型的な上顎中切歯の翼状捻転(対称捻転)

上顎正中のもっとも大きな前歯、これを中切歯と呼びます。
これが真ん中を鏡にしたように同じようにねじれています。
これを相対捻転、あるいは翼状捻転(よくじょうねんてん)と言います。
これは日本人に多いと言われています。

他には側切歯が反対咬合です。この症状だと小臼歯を抜かなければなりません。これを抜かないで解消しようとすると上下顎前突になってしまい、口もとが突出して横顔が悪くなります。

歯を抜く事に同意していただいて治療を行いました。
あと少しでブラケットが外せます。

お見せできませんが、横顔はとてもきれいになりました。まったく治療前とは違います。治療は成功しました。

アイ矯正歯科クリニックでは、表側に装置は一切装着していません。アンカーインプラント、スクリュウなどの外科処置は行っていません。

掲載に協力してしていただきました。ありがとうございました。
翼状捻転の方をよく見かけます。
治療は可能です。場合によっては抜かずにできる場合も多くあります。
ご相談ください。

DIAGNOSIS

院長 福井の診断ノート

診断名 : 翼状捻転を伴う前歯部叢生症例

上顎中切歯が翼状捻転、その隣の側切歯が反対咬合でした。そして下顎前歯部は並んではいましたが、前傾していて、受け口、反対咬合の傾向がありました。

FROM DOCTOR

担当医より

上顎中切歯が翼状捻転、側切歯が反対咬合、横顔から口もとの突出と下顎前突傾向を示していました。そこで前歯部の排列と口もとを後方に移動させるために小臼歯を抜いて、アイ矯正歯科クリニックのリンガルブラケットにて治療をおこないました。

一覧へ戻る

page top