初回カウンセリングを予約する
お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日

REMEDIAL EXAMPLE

治療例

Case No.49

出っ歯過蓋咬合治療例非抜歯(仮)

女性 20代 横浜市鶴見区

治療例No.53 過蓋咬合 かみ合わせが深い症例

来院時の写真

気になっている点(主訴): 過蓋咬合

噛みあわせが深いとリンガルブラケットの場合、装置がぶつかってしまって治療ができないと言われました。
こう言って来院される方は多くいます。それは間違いです。矯正治療は可能です。

上の前歯が下に垂れ下がったようになっています。
正面からは下顎前歯を確認することはできません。

これだとリンガルブラケットが装着できないから治療できない事になります。
アイ矯正ではもちろん治療可能です。

上下の前歯部は内側に倒れていて
下顎の臼歯部もデコボコしています。

では治療開始です。治っていく過程をお見せします。

治療中の写真

最初は見えなかった下の前歯がじょじょに見えてきています。
装置は一切見えません。どうでしょうか?

装置を外す直前の状態です。
上下の歯列は形もよくなってきれいになりました。
下の前歯も見えてきて奥歯もしっかり噛んでいます。

裏側の装置は噛みあわせが深いと治りませんというのは間違いだという事が
わかっていただけたでしょうか?
リンガルブラケットを最初から装着できたわけではありません。
色々な方法を駆使して治療しました。
矯正のあらゆる治療法を熟知しています。

お見せできませんが矯正治療後はとても口元が柔らかなイメージに変わりました。
これ以上ないほど難しい症例だったことは間違いありませんが
きれいに治りました。

歯を抜いていません。
アンカースクリュウなどは使用していません。外科手術は必要がないので行いませんでした。
表側に装置を装着することもありませんでした。

DIAGNOSIS

院長 福井の診断ノート

診断名 : 過蓋咬合

上顎前歯が後方傾斜していました。下顎骨の形態にも問題がありました。非抜歯でリンガルブラケットを用いて矯正治療をおこないました。

抜歯部位 : 非抜歯

治療に使用した装置 : リンガルブラケット

この治療に関して考えられるリスク(副作用)

考えられるリスクはありません。毎回来院時にブラッシング指導、スケーリングを行います。

治療期間 : 24か月

費用 : 135万円~155万円

※費用については分割払いが可能です。詳しくはこちら          

FROM DOCTOR

担当医より

一覧へ戻る

page top