お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日

REMEDIAL EXAMPLE

治療例

Case No.157

出っ歯開咬

女性20代

治療例No.161 開咬 上顎前突

来院時の写真

気になっている点(主訴):開咬 前歯で噛めない

開咬は不正咬合の分類分けの中でもっとも難しい症例です。

開咬はその原因が複雑です。

・骨格性・歯の問題・口腔機能(咀嚼、嚥下、発語の仕方)・口唇や舌の機能

など多岐にわたします。さらにそのすべてが関わっている場合もあります。

成人になるとそのすべてが解決できるわけではありません。

例えば骨格は手術をしない限りは変化しません。

この患者様の場合はそのすべてが関わっていました。

そこでアイ矯正では担当の歯科衛生士を決めて
MFT(筋機能訓練)嚥下、咀嚼の仕方の練習をしていただきながら
リンガルブラケット(舌側矯正)を行いました。

治療中の写真

大変まじめな患者様でよい結果が得られたと思います。
後もう少しで装置が外れます。
外れてからもしっかりメインテナンスに通って頂きます。

掲載にご協力ありがとうございました。
アンカーインクラントは使用していません。表側には一切装置を着けていません。

DIAGNOSIS

院長 福井の診断ノート

診断名 : 前歯部開咬症例

連続した数歯にわたって歯が噛んでいませんでした。

この治療に関して考えられるリスク(副作用)

開咬は一般的に後戻りが多い不正咬合です。これからしっかりとした保定を考える必要があります。

費用 : 135万円~155万円

         

※費用については分割払いが可能です。詳しくはこちら          

       
FROM DOCTOR

担当医より

一覧へ戻る

page top