お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日

REMEDIAL EXAMPLE

治療例

Case No.64

乱杭歯過蓋咬合治療例

女性20代

治療例No.67 大臼歯も含めてデコボコでした。翼状捻転

来院時の写真

気になっている点(主訴):乱杭歯 翼状捻転 過蓋咬合

上あごの前歯の重なりを翼状捻転(よくじょうねんてん、緑の四角)と言います。
日本人には多い歯並びです。
翼のように見えることからこう言われています。
対称捻転(たいしょうねんてん)の一種です。

下の第二小臼歯は外側に飛び出しています。
臼歯部にも不正があります。

この患者様の場合は歯を抜かなければ治りません。
上下顎ともに小臼歯を抜歯しました
さて仕上がりを見て下さい。

治療中の写真

徐々に治っていく所もお見せします。
かなり遠方から通ってくださいました。その価値はあった?っと思います。
見違えるように変わりました。
あと少しで装置が外れます。

いつものように表側にはもちろん装置を装着していません。
アンカースクリュウなどは使用していません。

DIAGNOSIS

院長 福井の診断ノート

診断名 : 乱杭歯 翼状捻転

かなりの乱杭歯、叢生状態です。小臼歯を4歯抜歯してリンガルブラケットを用いて矯正治療しました。

この治療に関して考えられるリスク(副作用)

下顎左側の小臼歯が斜めで埋もれているようになっていました。抜いた時に骨がやせる怖れがありました。口腔外科医を選んで抜歯して頂きました。

費用 : 135万円~155万円

         

※費用については分割払いが可能です。詳しくはこちら          

       
FROM DOCTOR

担当医より

一覧へ戻る

page top