お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日

REMEDIAL EXAMPLE

治療例

Case No.65

受け口治療例

女性30代

治療例No.68 八重歯と切端咬合(せったんこうごう)

来院時の写真

気になっている点(主訴):八重歯 受け口

すごく大きな八重歯が特徴的です。上のあごが少し小さいからでしょうか?

八重歯が外向きにはねています。もう一つの特徴は

上の前歯がかぶさっていません。上の前歯が内側に入って入れば反対咬合ですが
この場合は切縁がぶつかっています。これを切端咬合(せったんこうごう)と言います。

この状態は歯にとっても歯肉にとっても良いものではありません。
上の前歯は3 ㎜ぐらいは被さっていなければいけません。

歯がぶつかった勢いで欠けたりします。
いつものようにリンガルブラケットでの治療です。
上下第一小臼歯を抜歯しました。

治療中の写真

ブラケットが外れやすかった奥歯にだけ金属のバンドを巻きました。
こうして唇をよけて見えやすくして撮影しない限り
前から見えることは決してありません。
ご安心ください。

八重歯は削って差し歯にして治さないでください。
矯正治療すればきれいに治療することができます。

心配していた前歯のかぶさりもしっかり治りました。

掲載に協力してくださいましてありがとうございました。参考にしてください。

DIAGNOSIS

院長 福井の診断ノート

診断名 : 八重歯 切端咬合

上顎の歯列が小さく歯が大きいといった乱杭歯でした。上下小臼歯を抜歯してリンガルブラケットを用いて矯正治療しました。

この治療に関して考えられるリスク(副作用)

考えられるリスクはありません。この状態のまま八重歯ですといずれは歯茎がやせて歯根面が露出してしまい抜歯になります。また切端咬合は前歯にとって噛む力が強くかかります。また歯が欠ける原因になります。

費用 : 135万円~155万円

         

※費用については分割払いが可能です。詳しくはこちら          

       
FROM DOCTOR

担当医より

一覧へ戻る

page top