お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日

REMEDIAL EXAMPLE

治療例

Case No.8

乱杭歯

女性20代

Case No. 8 下顎のシフト(ずれ)、叢生(デコボコ)です。


下の顎がづれているので歯の真ん中が上下で一致しません。
よく見ると下の顎の位置が左右どちらかにずれている方は多くいます。
それ以外にも叢生(でこぼこ)があります。
歯を抜いて治療することにしました。
Asiryou.jpgしかし、この患者さんの場合は上は2本抜いたのですが下は1本ですみました。かなりのデコボコもありますが下顎のずれを考慮した治療計画でした。 initialS.jpg抜いた場所も少し痛々しいです。でもそれだけの価値は十分あります。見て下さい。もちろん同じ人ですよ。 Nows.jpgまだ隙間が残っているのでこれを移動させれば終わりです。治療中他の人には気づかれませんでした。上下の前歯の真ん中もあってきました。患者さんのご両親は、この時期すでに治療が終わったと思っていたそうです。私たちはなるべく多くの人にこの見えない矯正治療を理解していただくために、なるべく治療例を許可を頂いて掲載しています。あきらめずに皆さんも一度ご相談ください。



DIAGNOSIS

院長 福井の診断ノート

診断名 :

FROM DOCTOR

担当医より

一覧へ戻る

page top