お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日

REMEDIAL EXAMPLE

治療例

Case No.134

出っ歯乱杭歯過蓋咬合治療例

女性50代横浜市栄区

治療例No.143 重篤な歯周病と矯正治療

来院時の写真

気になっている点(主訴):歯周病 過蓋咬合 側切歯の反対咬合

・歯周病と矯正治療
20年ほど前の事、大学院生だった私はイギリスのグラスゴーで行われた国際学会に参加しました。その途中にデンマークのオーフスにあるロイヤルデンタルカレッジの歯学部矯正科を訪問しました。その当時すでにデンマークでは歯周病治療後の矯正治療を行っていました。矯正治療の歴史の長さを感じ驚きました。
やっと日本もそういった時代が来ました。

矯正治療は学童のものとお考えになっている方もいるかもしれませんが、それは間違いです。

この患者様は噛み合わせが深く、激しいでこぼこで重度の歯周病(ししゅうびょう、しそうのうろ)に罹患しています。歯茎は腫れて、触れば出血します。
このまま放置すれば歯を失う事は確実でした。

そこでブラッシングやスケーリングを行い、歯周病の原因になっているこの歯並びの治療を行いました。ただ歯周病だけを治療しては根本的な解決はありません。

治療中の写真

いかがでしょうか?これで歯周病の進行は防ぐことができます。あともう少しで装置が外せます。ご本人も大変喜んでくださいました。すでに失った歯茎は回復しませんが大変よい状態です。これからメインテナンスに通っていただきます。

こういった歯周病でお悩みの方は是非ご相談ください。ただブラッシングや歯石を取るだけでは完治しません。原因の一つである歯並びを矯正し、ブラッシングしやすい歯並びにすることが重要です。今回も表側には一切装置を装着していません。
アンカースクリュウなどは使用していません。
掲載に協力してくださって感謝いたします。
参考になる方が多くいるはずです。

DIAGNOSIS

院長 福井の診断ノート

診断名 : 歯周病を伴った上顎前突

重篤な歯周病に罹患していました。歯並びがその原因になっていました。

抜歯部位 : 上顎左側側切歯

         

治療に使用した装置 : リンガルブラケット

         

この治療に関して考えられるリスク(副作用)

すでに重度の歯周病に罹患しています。これ以上進行させないように毎回来院時にブラッシング指導、スケーリングを行います。歯周病の治療はただスケーリング、ブラッシングのケアだけでは治りません。歯並びの悪い場合はこれを解決すると再発を防止できます。

治療期間 : 30か月

         

費用 : 135万円~155万円

         

※費用については分割払いが可能です。詳しくはこちら          

       
FROM DOCTOR

担当医より

歯周病の患者様は完全に治すには矯正治療を選択してください。この患者様も矯正治療をしていなければ早期に入れ歯になったと思います。ブラッシングをしやすい環境を作ることが健康を維持する事です。リンガルブラケットですべての治療をおこないました。周囲の方に矯正治療を受けている事がわかるような事はありません。

一覧へ戻る

page top