お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日

REMEDIAL EXAMPLE

治療例

Case No.175

乱杭歯治療例非抜歯(仮)

女性20代横須賀市

治療例 No. 251 相対捻転 叢生 非抜歯治療

来院時の写真

気になっている点(主訴):前歯のねじれ

上顎の歯列弓の形がV字型です。上顎中切歯が重なってしまっています。下顎にすちても叢生があります。これをリンガルブラケットを用いた治療を希望されて来院されました。

治療中の写真

約1年後の治療経過をお示しします。歯列弓はまずクワッドヘリックス(緩徐拡大装置)を使用して側方に拡大しました。その後リンガルブラケットを用いてU字型に整えました。非抜歯で治療を進めています。

DIAGNOSIS

院長 福井の診断ノート

診断名 : 前歯部叢生症例

歯列弓がV字型です。そこでまずは緩徐拡大装置を用いて広げました。その後リンガルブラケットを用いて整えました成人の拡大はベースになっている上顎骨を拡大する事はできません。歯を移動する程度にとどめる必要あります。また、拡大して排列した場合は後戻りが起きやすいので、過剰に拡大してはいけません。

この治療に関して考えられるリスク(副作用)

上顎前歯部はお互いにねじれています。これをまっすぐにするとブラックトライアングルになる怖れがありました。実際には起きませんでした。

費用 : 135万円~155万円

FROM DOCTOR

担当医より

一覧へ戻る

page top