お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日

REMEDIAL EXAMPLE

治療例

Case No.227

出っ歯乱杭歯過蓋咬合治療例非抜歯(仮)

女性40代神奈川県大和市

Case Report No. 227 叢生 深いかみ合わせ 非抜歯

デコボコと深いかみ合わせを治療したいということで来院されました(主訴)。とてもきれいな歯をされています。年齢が40代後半である事をご心配されていました。それでも矯正治療は可能です。上顎右側犬歯が八重歯になっています。さらに下顎右側第二小臼歯が内側に傾斜しています。前歯部には叢生があります。そしてかみ合わせが深いです。下顎前歯部には歯茎がさがり隙間があるように見えます。これは通称ブラック三角と呼ばれています。

すべての治療はリンガルブラケットでおこないました。歯は抜きませんでした。かみ合わせががありました。下の歯がしっかり見えています。加齢による歯肉縁の下がりがありますが、歯肉は健康に維持されていました。

DIAGNOSIS

院長 福井の診断ノート

診断名 : 叢生を伴う過蓋咬合

でこぼこや八重歯があります。かみ合わせが深いです。蓋この一字でふたと読みます。ふたが過ぎるで過蓋咬合です。上顎がかぶさり方が少し深いです。

VOICE

患者様の声

とても満足しています。

FROM DOCTOR

担当医より

リンガルブラケットはかみ合わせが深いのは苦手と言われています。実際にはそんな事はありません。なぜかみ合わせが深いか?をよく考えて治療する必要があります。この方の場合はまず第一に下顎右側第二小臼歯が内側に傾斜していて咬合に参加していません。さらに上下の前歯が後方に傾斜しています。これがかみ合わせを深くしていました。それすべてを解決してとてもよい状態になりました。満足して頂きありがとうございました。治療期間は約2年です。治療費は135万円~となっています。審査なし。手数料なし、利息なしの分割払いのご利用が可能です。

一覧へ戻る

page top