お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日

REMEDIAL EXAMPLE

治療例

Case No.219

乱杭歯治療例

男性20代川崎市

Case Report No.219 叢生

前歯のでこぼこをリンガルブラケットでの矯正治療を希望(主訴)されてアイ矯正歯科クリニックに来院されました。この状態ですと小臼歯の抜歯が必要になります。

大学生のうちに矯正治療終えたいというご希望がありました。金属が被さっていた第二乳臼歯を上下抜歯しました。そろそろ仕上がってきた状態の写真です。治療期間は30か月でした。矯正治療に関するリスクとして歯根吸収に関する説明はしました。治療後のレントゲン写真では歯根吸収を示すような像は認められませんでした。毎回の治療前に歯科衛生士によるブラッシングを行いました。

DIAGNOSIS

院長 福井の診断ノート

診断名 : 叢生症例

歯の大きさとそれを排列する顎の大きさがつりあっていません。そこで小臼歯を4本抜歯して治療をおこないました。

VOICE

患者様の声

先生が優しくてよかったです。

FROM DOCTOR

担当医より

とても男らしい感じの好青年です。社会に出てしっかりと仕事してくれそうです。すべての治療はリンガルブラケットを用いておこないました。とても治療に協力的でした。今回もアンカースクリュウなどは使用していません。治療費は135万円で、アイ矯正歯科クリニックでは手数料なしの分割が可能です。

一覧へ戻る

page top