お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日

REMEDIAL EXAMPLE

治療例

Case No.218

乱杭歯治療例

女性20代横浜市中区

Case Report No. 218 叢生 翼状捻転 非抜歯

前歯のデコボコと翼状捻転(相対捻転)を治療希望(主訴)で来院されました。デコボコを排列するために必要な隙間の量を計算した結果、歯を抜かずに治療が可能でした。口もとにも影響がない事が予想できました。

約1年後の状態です。歯を抜かない場合の治療は抜いた場合に比べて短期間です。臼歯部はほとんどの歯が金属で修復されていました。これ以上の虫歯を作らないようにブラッシング指導を徹底しました。

DIAGNOSIS

院長 福井の診断ノート

診断名 : 翼状捻転(よくじょうねんてん) 叢生

前歯部が翼状捻転です。少しですが後方に傾斜しています。下顎前歯も同様でした。そこで非抜歯矯正治療を行う事にしました。

VOICE

患者様の声

抜歯なしで矯正して頂けたので、希望通りの治療になりました。

FROM DOCTOR

担当医より

診断と治療計画を立案する時にアイ矯正歯科クリニックでは抜歯しなければどうなるか?という事をまずは考えます。抜歯をしないで上下顎前突という新しい不正咬合になっている方の相談を受ける事があります。歯は並んだけれど口もとが前突してしまったのでは台無しです。すべての治療はリンガルブラケットで行いました。治療期間は15か月です。治療費は135万円でした。

一覧へ戻る

page top