お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日

REMEDIAL EXAMPLE

治療例

Case No.111

乱杭歯治療例

女性20代横浜市鶴見区

治療例No.116 八重歯 鞍状型歯列弓

来院時の写真

気になっている点(主訴):八重歯

八重歯です。八重歯はもとは犬歯のことです。上顎の犬歯は最後にはえてきます。そのために並ぶ場所がないと降りてこられずにその場にとどまったままになります。これが八重歯になります。

昔の人はかわいいという事で八重というよい名前をつけたんでしょう。

下顎歯列は正式には鞍状型歯列弓と言います。これも歯がはえてくる順番が関わっています。上の歯と下の歯は歯がはえてくる順番が違います。上の歯は犬歯が最後に下の歯は前から5番目の第2小臼歯が最後にはえてきます。

下の歯は舌の方からはえてくるので今度は下にとどまったようになります。
昔の人はこういった形を馬に乗るときの鞍にたとえて鞍状型歯列弓と名付けました。
いまならオメガ型と名付けるかもしれませんね。

さてこれだけでこぼこしていても治ります。

治療中の写真

どうですか?もちろん同じ人です。八重歯は下がってきて犬歯になりました。
鞍状型歯列弓もきれいなU字型歯列弓になりました。

ブログをみて下さっている方もお気づきだと思いますが、”八重歯のおばあちゃんやおじいさんを見たことがありますか?”

八重歯は歯が重なっているので歯磨きできない所がどうしてもあります。将来的にはう蝕や歯周病にかかり失っているのかもしれません。

これできれいで健康的な歯を維持しておくことができます。掲載に協力してくださってありがとうございました。今回も表側に装置を付けることはありませんでした。
アンカーインプラントなどの外科処置は行っていません。アイ矯正ではアンカーインプラントはしないとお考えになっていただいてもかまいません。必要のない事は費用がかかるだけなのでおこないません。

DIAGNOSIS

院長 福井の診断ノート

診断名 : 叢生(八重歯)

歯を排列する場所がありません。小臼歯を抜歯して犬歯を排列しました。犬歯は歯の中で重要な歯です。

抜歯部位 : 上顎両側第一小臼歯 下顎第二小臼歯

         

治療に使用した装置 : リンガルブラケット

         

この治療に関して考えられるリスク(副作用)

臼歯部にう蝕の治療痕があります。矯正治療中のう蝕に注意します。毎回来院時にブラッシング指導、スケーリングを行います。

治療期間 : 29か月

         

費用 : 135万円~155万円

         

※費用については分割払いが可能です。詳しくはこちら          

       
FROM DOCTOR

担当医より

犬歯の歯冠幅径よりも小臼歯の歯冠幅径は小さいです。犬歯が完全に歯列からブロックアウトされていると抜歯しても排列しない事になります。しかし、リンガルブラケットは大臼歯を後方に押す作用があります。実はこうした排列する場所のない厳しい症例には適しています。

一覧へ戻る

page top