お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日

REMEDIAL EXAMPLE

治療例

Case No.99

出っ歯上下顎前突乱杭歯開咬

女性30代横浜市神奈川区

Case No. 100 開咬 叢生 でこぼこ 歯の健康には重要

アイ矯正歯科クリニックの症例掲載は記念すべき100症例目の掲載です。矯正治療を考えの方たちの参考になるために、これからもアイ矯正歯科の治療例を報告させていただきます。よろしくお願い致します。

よく見て頂くと左側などはあまり噛んでいません。さらに前歯の歯肉が下がって歯が長く見えます。これは歯周病です。奥歯に関してほとんどの歯が金属でかぶせられています。歯の健康について考えると不正咬合(歯並び)が齲蝕の罹患率に影響しているのがよくわかります。

口元が出ている方は口呼吸の方が多く前歯が乾燥してしまいます。お口の中が乾燥は齲蝕、歯周病の原因となります。

歯を抜歯する場合はなるべく金属などが装着されている歯を選びます。この患者様の場合は上下第二小臼歯(前から5番目)の歯を抜歯する事にしました。

デジカメを替えたので少し色彩が違って見えますがもちろん同じ方です。第二小臼歯を小臼歯を抜歯させていただいたので歯の排列と口元を中に入れる事ができました。歯肉の状態もよく、唇をしっかり閉じることができます。健康状態に改善しました。

アイ矯正歯科クリニックではアンカースクリュウなど不要な外科処置はおこなっていません。表側に装置は装着していません。この事アイ矯正歯科が保証します。

DIAGNOSIS

院長 福井の診断ノート

診断名 : 歯周病、う蝕の多い開咬症例

お口の中に修復物が多いです。また歯肉の状態も悪く、歯周病です。歯が前方に出いていていつもお口を開いているような状態です。歯肉粘膜は乾燥していると歯周病になりやすくなります。

FROM DOCTOR

担当医より

上下第二小臼歯を抜歯してその場所を使って歯を排列しました。歯肉の状態もよくなり健康な口腔内になりました。またお見せできませんが口元が後方に下がり、横顔がとてもきれいになりました。

これからはしっかりメインテナンスをしていき、歯周病の再発を防ぎます。。

一覧へ戻る

page top