初回カウンセリングを予約する
お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日

REMEDIAL EXAMPLE

治療例

Case No.42

受け口乱杭歯治療例

女性 20代 横浜市鶴見区

治療例No.46 反対咬合(受け口)叢生 八重歯 乱杭歯

来院時の写真

気になっている点(主訴): 受け口 八重歯 乱杭歯

この症例もきびしい症例です。

反対咬合(受け口)で叢生(そうせい:デコボコ)そして八重歯。
全部そろっているような症例です。

八重歯は日本ではかわいいということになりますが

ブラッシングが容易ではなく虫歯、歯周病になりやすいです。
またアメリカやヨーロッパでは文化的にもありえない歯並びです。

こういった症状の患者様は多くいます。
治療ができないとあきらめないでください。

私たちはリンガルブラケット(舌側矯正、舌側矯正)に関して独自の方法があります。
アイ矯正歯科の治療法です。したがって、こういった症例にも対処できます。
連続的に治療過程もお見せします。

治療中の写真

あともう少しで装置がはずれます。
もう少し噛めるようにこれから治療します。

いかがでしょうか?八重歯もでこぼこも消失しています。
反対咬合(受け口)も治っています。良くなりました。
さてアイ矯正は今年で開業して19年目をむかえます。
裏側からの症例は2500症例に近づこうとしています。
多くの症例をみなさまに供覧することができます。
ありがとうございます。論より証拠です。

私はリンガルブラケットに出会って25年が過ぎました。
私より長い間リンガルブラケットの治療を行っている人は本当に少ないと思います。
世界で10人いるかな?たぶんいません。

今回もアンカースクリュウなどは使用していません。
外科処置もおこなっていません。
表側には絶対に装置をつけていません。

DIAGNOSIS

院長 福井の診断ノート

診断名 : 叢生を伴う反対咬合

乱杭歯で八重歯です。さらに受け口(下顎前突、反対咬合)です。小臼歯を抜歯してリンガルブラケットを用いて矯正治療しました。

抜歯部位 : 上下顎両側第一小臼歯

治療に使用した装置 : リンガルブラケット

この治療に関して考えられるリスク(副作用)

考えられるリスクはありません。八重歯が排列する事によってブラッシングできない所が消失しました。

治療期間 : 28か月

費用 : 135万円~155万円

※費用については分割払いが可能です。詳しくはこちら          

FROM DOCTOR

担当医より

一覧へ戻る

page top