初回カウンセリングを予約する
お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日

REMEDIAL EXAMPLE

治療例

Case No.324

出っ歯上下顎前突乱杭歯治療例

女性 20代 横浜市神奈川区

治療例 No. 332 叢生 口ゴボ

来院時の写真

気になっている点(主訴): 出っ歯

出っ歯、乱杭歯で来院されました。口もとを中に入れたいという事です。リンガルブラケット舌側矯正(裏側矯正)で治療を始めました。最近ではこの状態の横顔を口ゴボとかゴボ口と呼ぶそうです。

治療中の写真

乱杭歯の程度、歯の前方傾斜から判断して、上下第一小臼歯を抜歯してリンガルブラケットで治療を開始しました。あと少しで装置を外せます。上下抜歯しているので口もとは内側に入り。とてもよい口もとになりました。アンカースクリュウは使用していません。

DIAGNOSIS

院長 福井の診断ノート

診断名 : 叢生と伴う上下顎前突症

上下前歯が前方傾斜しています。下顎骨の成長が悪く少し後退しています。そのために口もとの突出感があります。

抜歯部位 : 上下左右第一小臼歯

治療に使用した装置 : リンガルブラケット

この治療に関して考えられるリスク(副作用)

考えられるリスクはありません。なるべく弱い矯正力を加えて歯の健康に留意しました。

治療期間 : 24か月

※費用については分割払いが可能です。詳しくはこちら          

FROM DOCTOR

担当医より

一覧へ戻る

page top