初回カウンセリングを予約する
お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日

REMEDIAL EXAMPLE

治療例

Case No.323

出っ歯過蓋咬合治療例

女性 20代 横浜市鶴見区

治療例 No. 331 厳しい上顎前突

来院時の写真

気になっている点(主訴): 出っ歯 ゴボ口

かなり厳しい症例です。口もとは閉じられないほどの出っ歯でした。左側第二大臼歯がすれ違って噛んでいませんでした(ハサミ状咬合、シザースバイト)。リンガルブラケット舌側矯正(裏側矯正)の得意な症状です。

治療中の写真

治療開始時は上顎第一小臼歯のみの抜歯を想定していました。しかし経過がとても良好だったので、さらなる高みを目指して下顎第一小臼歯の抜歯を追加しました。とてもよい結果になりました。最初は口唇閉鎖ができないほどでした。最近ではこういった状態を口ゴボとかゴボ口と呼ぶようです。

DIAGNOSIS

院長 福井の診断ノート

診断名 : 上顎前突症

上下第一小臼歯を抜歯する事で横顔が大きく改善しました。リンガルブラケット舌側矯正(裏側矯正)で治療をおこないました。アンカースクリュウは使用していません。

抜歯部位 : 上下左右第一小臼歯

治療に使用した装置 : リンガルブラケット

この治療に関して考えられるリスク(副作用)

歯の移動量が大きいので前歯部の歯根吸収を心配しましたが、結果起きませんでした。良好でした。

治療期間 : 27か月

※費用については分割払いが可能です。詳しくはこちら          

FROM DOCTOR

担当医より

一覧へ戻る

page top