お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日

REMEDIAL EXAMPLE

治療例

Case No.167

乱杭歯治療例

女性20代東京都町田市

治療例No.176 歯周病やう蝕(虫歯)の予防になります。

来院時の写真

気になっている点(主訴):前歯が飛び出している 出っ歯

お口を閉じても唇から歯が出てしまう方に出会った事があると思います。そのために前歯は常に乾燥した状態にあります。プラークや歯石の沈着が多く、またぶつけたり、転んだりした時の外傷になりやすいです。

赤いサークルの部分です。すでに歯と歯茎の境目にはプラークの沈着があります。下の歯も上の歯も小臼歯は抜歯されていて、すでに一度他の歯科医院で矯正治療の経験があります。完全に戻ってしまっています。

アイ矯正歯科クリニックでは来院時に必ず歯科衛生士による機械研磨をおこないます。歯はいつもきれいな状態を維持できるようにしています。

治療中の写真

約1年間治療しました。あともう少しで装置が外れます。今度は飛び出していた前歯もきれいに排列できました。歯周病やう蝕のリスクは軽減します。この後は保定です。
アイ矯正では保定装置を2種類作ってお渡ししています。1つはクリアタイプの装置、もう一つは耐久性のあるワイヤーと樹脂でできたタイプの装置です。どちらをお使いになってもよいのですが、クリアタイプの装置は耐久性に問題がありますが審美的です。ワイヤーのついたタイプは審美的ではないのですが、耐久性があります。患者様の好みにもよりますがクリアタイプを日昼に使用して、ワイヤーのついたタイプを夜間使用するように指導しています。今度はきちっと保定しましょう。

アイ矯正歯科クリニックでは上下フジタの第6世代ブラケットを使用しています。もちろん表側には装置は一切装着していません。アンカーインプラント、スクリュウは使用しません。

DIAGNOSIS

院長 福井の診断ノート

診断名 : 前歯部叢生

他の歯科医院で矯正治療後に後戻りしてしまった症例です。それにしても如何なる矯正治療をおこなったのでしょう。戻り方がひどいです。治療後はしっかり保定装置を使用してもらい後戻りしないようにしましょう

抜歯部位 : 今回の治療では抜歯していません。

         

治療に使用した装置 : リンガルブラケット

         

この治療に関して考えられるリスク(副作用)

2度目の矯正治療です。歯根吸収に注意が必要です。

治療期間 : 15か月

         

費用 : 135万円~155万円

         

※費用については分割払いが可能です。詳しくはこちら          

       
FROM DOCTOR

担当医より

すでに小臼歯4本抜歯されていました。過去に矯正治療の経験があります。保定装置の使用状況が悪かったのでしょう。かなり激しい後戻りです。しっかりとして歯の移動がなわれていなかった可能性もあります。アイ矯正歯科クリニックでリンガルブラケットを用いて再治療しました。

一覧へ戻る

page top