初回カウンセリングを予約する
お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日

REMEDIAL EXAMPLE

治療例

Case No.288

受け口治療例

男性 10代 海老名市

治療例 No. 296 反対咬合 下顎前突

来院時の写真

気になっている点(主訴): 受け口

アイ矯正歯科に海老名市から来院されました。12歳9か月の中学一年生男子です。反対咬合(下顎前突)をリンガルブラケットを用いた見えない歯列矯正を希望していました。お口の中の写真を見るとデコボコ、乱杭歯などはなさそうです。しかしよく見て頂くと、歯の本数が少ないです。レントゲンを見て下さい。上顎右側は犬歯と第一小臼歯、左側は第一小臼歯がはえていません。下顎も第二小臼歯がはえていません。まだ乳歯です。中学一年生ではこういった症例はあります。歯のはえかわりが遅いとこうなります。

治療中の写真

永久歯がすべてそろうまではリンガルアーチを使用して反対咬合の治療を約2年おこないました。その後は排列するスペースが極端に不足していたので八重歯や乱杭歯になりました。そこでリンガルブラケットに切り替えて矯正治療しました。外科手術はおこなっていません。

DIAGNOSIS

院長 福井の診断ノート

診断名 : 下顎前突

なるべく早く反対咬合を正常なかみ合わせにする必要があります。このままだとさらに悪い状態になります。骨格性へと移行してしまいます。また永久歯が萌出するスペースがたりません。上下第二小臼歯を抜歯してリンガルブラケットで治療をおこないました。

抜歯部位 : 上下左右第二小臼歯

治療に使用した装置 : リンガルブラケット(フジタメソッド)

この治療に関して考えられるリスク(副作用)

永久歯が自力で萌出してくるか?が心配でした。萌出のためのスペースは大変不足していました。また今後の思春期性の成長時期に下顎骨が前方に成長すれば、外科矯正も考えられました。とてもきびしい症例でした。

治療期間 : リンガルブラケットを接着して29か月でした。トータルでは3年半ほどでした。

費用 : 費用 : 135万円~155万円(税込)            

※費用については分割払いが可能です。詳しくはこちら          

FROM DOCTOR

担当医より

一覧へ戻る

page top