お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日

REMEDIAL EXAMPLE

治療例

Case No.265

乱杭歯過蓋咬合治療例非抜歯(仮)

女性30代川崎市川崎区

治療例 No. 273 乱食い 深い噛み合わせ 非抜歯

来院時の写真

気になっている点(主訴):乱杭歯 深い噛み合わせ

下顎の第二小臼歯(前から5番目の歯)が右側は内側、左側は外側に飛び出しています。これは下顎第二小臼歯は最後に生えてきます。そこで萌出する隙間がないとこうなります。一般的には内側に倒れこむ事が多いです。臼歯部のかみ合わせを失うと前歯は深いかみ合わせになります。

治療中の写真

かみ合わせが深い患者様に抜歯をするとさらに深いかみ合わせになります。そこで非抜歯で治療を始めました。歩いて度並び始めた頃のお口の中です。もちろん非抜歯で注意する事は口もとです。口もとが出てしまうと横顔が悪くなってしまいます。そうなったら治療は失敗です。

DIAGNOSIS

院長 福井の診断ノート

診断名 : 叢生

全体に乱食い、叢生状態があります。かみ合わせが深いです。そこで歯を抜かずにリンガルブラケットを用いて矯正治療をおこないました。

抜歯部位 : 非抜歯

         

治療に使用した装置 : リンガルブラケット

         

この治療に関して考えられるリスク(副作用)

非抜歯で治療を行う場合口もとが突出しないか?という事を考えなければなりません。非抜歯で治療した後に口もとがでてしまい上下顎前突という新しい不正咬合になる事になっては治療は失敗です。

治療期間 : 24か月

         

費用 : 135万円~155万円

         

※費用については分割払いが可能です。詳しくはこちら          

       
FROM DOCTOR

担当医より

一覧へ戻る

page top