お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日

REMEDIAL EXAMPLE

治療例

Case No.2

乱杭歯

女性20代

Case No. 2 歯の色や治療痕を治す前にまずは矯正です。


歯の色や治療痕(治療のあと)を気にされています。そして、2番目の側切歯が中に入っていること。全体的に口元が出ていることも気にされていました。 grp1011042705.jpgデコボコの解消と口元を下げるため抜歯が必要でした。口元が出ていなければ歯を並べることは可能です。しかし、さらに口元が出て横顔が悪くなります。 grp1011042901.jpgきれいに並んできました。この状態でさらに前歯のかみ合わせや角度を調節して装置をはずします。そのあとは信頼のおける歯科医と相談して歯の色や治療痕をどうしようか決めます。こういった治療は必ず矯正でまずは歯を並べてからでないといけません。きれいになりません。

DIAGNOSIS

院長 福井の診断ノート

診断名 :

FROM DOCTOR

担当医より

一覧へ戻る

page top