お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日

REMEDIAL EXAMPLE

治療例

Case No.258

出っ歯乱杭歯治療例

女性40代名古屋市中川区

治療例 No. 266 出っ歯 乱杭歯 翼状捻転

来院時の写真

気になっている点(主訴):出っ歯、乱杭歯 翼状捻転

前歯が翼状捻転ありながら前に前突しています。これをリンガルブラケットで治療する目的で来院されました。精密検査の結果、上顎左右第一小臼歯を抜歯してリンガルブラケットを用いて矯正治療する事になりました。

治療中の写真

前突した前歯は内側に移動して、翼状捻転も改善しました。抜歯した場所はなくなりました。

DIAGNOSIS

院長 福井の診断ノート

診断名 : 翼状捻転を伴う乱杭歯

上顎前歯部に乱杭歯、翼状捻転が認められます。骨格的にも下顎の劣成長、後方位が認められます。骨格性上顎前突です。上顎前第一小臼歯を抜歯してリンガルブラケットで矯正治療をおこないました。

抜歯部位 : 上顎両側第一小臼歯

         

治療に使用した装置 : リンガルブラケット

         

この治療に関して考えられるリスク(副作用)

年齢がすでに40歳後半の患者様です。歯肉退縮、歯周病に注意して治療を行いました。

治療期間 : 28か月

         

費用 : 135万円~155万円

         

※費用については分割払いが可能です。詳しくはこちら          

       
FROM DOCTOR

担当医より

大変遠方よりリンガルブラケットの治療を求めて来院されました。すべての治療をリンガルブラケットでおこないました。アンカースクリュウなどは使用していません。

一覧へ戻る

page top