お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日

REMEDIAL EXAMPLE

治療例

Case No.54

乱杭歯非抜歯(仮)

女性30代

Case No. 55 非抜歯 叢生 一年で治りました。



2321-A.jpg


かなり凸凹があります。

すでに失っている歯もあります。

上顎右側の犬歯と下顎は右側の側切歯と犬歯が癒合歯です。



癒合歯(ゆごうし)とは2本の歯がくっついた状態の歯のことです。

これは本来の2本分の歯の大きさはありません。

1本の歯にしてみると大きいのです。



 

従って上下の歯のバランスは悪いです。

成人の矯正治療にはこうしたコンデイションの悪いところから始める場合が多々あります。



これに驚くことではありません。

この状態からどうやって良い状態を導くかというのが
私たちの仕事になります。


2321-B.jpg
 いかがでしょうか?
あと少しで装置を外すことができます。
深かった噛みあわせも改善し下の前歯が良く見えるようになりました。
ここまでに何と一年です。
よくリンガルブラケットは治療期間がかかると言われたという話をお聞きします。
それが真実でないことは証明できました。
 
今回も不要なアンカーインプラント、外科処置は行っていません。
表側に装置をつけることもありませんでした。
上記の事はアイ矯正歯科が保証します。
 
掲載に協力してくださいましてありがとうございました。
 
 















DIAGNOSIS

院長 福井の診断ノート

診断名 :

FROM DOCTOR

担当医より

一覧へ戻る

page top