お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日

REMEDIAL EXAMPLE

治療例

Case No.29

受け口非抜歯(仮)

男性30代

Case No. 30 反対咬合(受け口)です。


新年あけましておめでとうございます。
2013年も多くの治療例を発信していきます。

この患者さんは30代の男性の方です。
反対咬合を治療したくて来院されました。
歯を抜かずに治療を終えたので皆さんに見ていただきたいです。

2312A.jpg



デコボコがなくきれいな反対咬合?です。


しかし前歯や臼歯部には治療した修復物(差し歯や冠)が多くあります。



2312s-A-2.jpg 真横から撮影するとよくわかります。




日本人は反対咬合にはきびしいきいです。




これに対して出っ歯や八重歯には寛容なところがあります。




これが欧米へ行くと逆転します。



2312B.jpg







そろそろ装置をはずそうと思います。




噛み合わせが変わってから安定しています。




安定したことを確認してはずします。




ここまでなんと8か月です。




治療期間も短く無駄もありません。




これからご本人は前歯の差し歯をやり直したいと言っています。









デコボコがなく歯を抜かなければ早いときは1年で装置がはずれます。






あきらめていませんか?




装置はすべて裏側で外には何もつけていません。

もちろん外科的な処置やアンカーインプラントなんて行っていません。


治療中は誰にも気づかれなかったそうです。









ご本人も治療が早く済んで大変よろこんでいただきました。


ありがとうございました。
















































DIAGNOSIS

院長 福井の診断ノート

診断名 :

FROM DOCTOR

担当医より

一覧へ戻る

page top