お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日

REMEDIAL EXAMPLE

治療例

Case No.230

受け口治療例

男性30代横浜市鶴見区

Case Report No. 230 反対咬合(下顎前突)

反対咬合をリンガルブラケットを用いた矯正治療を希望(主訴)されて来院されました。骨格的にも問題はありましたが外科矯正の適応ではありませんでした。充分矯正治療だけで治療可能でした。

下顎小臼歯だけを抜歯させて頂きました。ここまで約30か月を要しています。反対咬合は治りました。しっかりと咬合しています。

DIAGNOSIS

院長 福井の診断ノート

診断名 : 下顎前突症

前歯部が反対咬合でしたさらに叢生もありました。そこで下顎左右小臼歯だけを抜歯してリンガルブラケットを用いて治療をおこないました。

VOICE

患者様の声

治療して良かったです。

FROM DOCTOR

担当医より

すべての矯正治療をリンガルブラケットを用いて治療しました。治療期間は約30か月です。下顎の小臼歯だけを抜歯して治療しました。反対咬合はとても気になる歯並びです。この年齢になるまで大変な思いをされた思います。これでしっかりと笑えますね。治療費用は135万円~です。周囲に気づかれずに治療できます。反対咬合もリンガルブラケットで治療中も気づかれずに快適にです。

一覧へ戻る

page top