お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日

REMEDIAL EXAMPLE

治療例

Case No.209

出っ歯上下顎前突治療例

女性20代相模原市中央区

Case No. 210 上下顎前突 口もとの突出

口もとが出ている事を治療希望にアイ矯正歯科クリニックに来院されました(主訴)。お姉さまが歯科医で研修中に私の教え子からアイ矯正歯科クリニックがよいと勧められての選択でした。とてもすらっとしたお嬢さんです。

口もとを下げたいとなれば上下小臼歯の抜歯が必要です。この患者様の歯の特徴は上顎前歯が長いという事です。特に中切歯が長いです。歯の長さは変えられません。これが大変でした。口もとはきれいに下がりました。とても喜んでくださいました。

DIAGNOSIS

院長 福井の診断ノート

診断名 : 上下顎前突

口もとはの突出感があります。上下にはでこぼこや叢生はほとんどありません。これが上下顎前突の特徴です。よく言われるのは“歯並びは悪くないんだけれど、口元が出ている” です。口もとが出ているのは日本人にとってはもっとも治療したい事です。それは鼻が欧米人と比較して低いからです。横顔をよくしたい。抜歯して上下前歯を後方に移動する事以外には解決できません。

FROM DOCTOR

担当医より

近親者が歯科医である事。教え子の紹介である事などかなりプレッシャーがありました。“リンガルブラケットならアイ矯正歯科クリニックでしょ”と言われると励みにもなります。満足して頂けました。口もとをさげるために上下小臼歯を抜歯しました。移動量が多いので治療前に歯根吸収を心配しましたが、ブラケット除去時の検査では歯根吸収は認められませんでした。治療には32か月を要し、治療費は135万円でした。これから保定装置をしっかり使って油断しないようにしましょう。

一覧へ戻る

page top