お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日

REMEDIAL EXAMPLE

治療例

Case No.199

出っ歯乱杭歯過蓋咬合治療例非抜歯(仮)

男性20代横浜市港北区

Case No. 200 上顎前突 叢生 非抜歯

かみ合わせが深い上顎前突症例です。前歯部には叢生があります。これをリンガルブラケットを使用して治療したいとアイ矯正歯科クリニックに来院されました。かみ合わせが深い症例の場合はなるべく抜歯せずに治療をおこないたいです。抜歯すると前歯が内側に傾斜します。その結果、さらにかみ合わせは深くなります。

非抜歯で何とか治療が終われそうです。できれば抜きたくないと言うのは患者様とアイ矯正歯科クリニックの共通の希望です。大学で野球部に所属していたアスリートです。こういった患者様は力強いのでかみ合わせが深くなっているのではないか?と思ったりもします。

DIAGNOSIS

院長 福井の診断ノート

診断名 : 叢生を伴った上顎前突

骨格的には下顎の後退があります。そのために相対的に上顎前突になっています。やはりスポーツをされているので噛む力が強そうです。そのためにかみ合わせが深くなっているように感じました。

FROM DOCTOR

担当医より

アイ矯正歯科クリニックではリンガルブラケット使用してすべての治療を行いました。右側の第二小臼歯がシザースバイト(ハサミ状咬合)でした。これを改善する事が大変でした。アイ矯正歯科クリニック症例報告は記念すべき200症例になりました。真実のリンガルブラケットを皆さまに理解して頂きたくて始めました。これからも継続的に掲載して行きます。

一覧へ戻る

page top