お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日

REMEDIAL EXAMPLE

治療例

Case No.106

出っ歯上下顎前突乱杭歯治療例

男性20代川崎市幸区

Case No. 107 叢生 上下顎前突 口もとの突出

八重歯ではないのですが前歯が重なっているのを治療したいというご希望でアイ矯正歯科クリニックに来院されました。この方の場合は下顎の前歯部にも著しい叢生があります。これだと歯を抜かないと解決できません。特に成人の患者様で歯列を拡大して歯を並べても後戻りしてしまいます。それは成長がないので歯がのっている骨は広がらないからです。

どうでしょか?あともう少し微調節すれば装置は外れます。
デジタルカメラを替えているので少し感じが違って見えますが同じ人です。
きれいに治療できました。口もとも後方に下がり横顔もすっきりしました。

アイ矯正歯科クリニックではアンカースクリュウなどは使用していません。
表側に装置を装着することはありませんでした。
掲載にご協力くださいましてありがとうございました。

DIAGNOSIS

院長 福井の診断ノート

診断名 : 叢生を伴う上下顎前突

上下顎前突は大きな叢生がないのが特徴ですが、この患者様は全体に歯が前方傾斜していて口もとに突出感がありました。

FROM DOCTOR

担当医より

上下顎前突は大きな叢生がないのが特徴ですが、この患者様は全体に歯が前方傾斜していて口もとに突出感がありました。上下小臼歯を抜歯してそのスペースに歯を排列し、さらに口もとを後方に移動する事によって横顔を改善しました。リンガルブラケットをもちいてすべて裏側から治療しました。周囲の方は気づかなかったと思います。

一覧へ戻る

page top