お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日

REMEDIAL EXAMPLE

治療例

Case No.195

上下顎前突乱杭歯治療例

女性20代東京都練馬区

Case No. 196 上下顎前突 口もとの突出

前歯が少し捻転しています。これだけで矯正治療と思う人もいると思います。この方の治したいところはこのでこぼこではありません。口もとです。口もとの突出感です。ゴボ口という人もいるようです。これをリンガルブラケットを用いて誰にも気付かれずに治療する事を希望してアイ矯正歯科クリニックに来院されました。

上下小臼歯を抜歯して、できたスペースに前歯を移動してきました。アイ矯正歯科クリニックの裏側からのリンガルブラケットを用いた治療では最も適した不正咬合です。

DIAGNOSIS

院長 福井の診断ノート

診断名 : 上下顎前突

上下の前歯がともに前方に傾斜しているために口もとが飛び出した感じを受けます。これが上下顎前突です。リンガルブラケットで治療しました。アイ矯正歯科クリニックではアンカースクリュウなどは使用していません。

FROM DOCTOR

担当医より

アイ矯正歯科クリニックのリンガルブラケット治療でもっとも得意にしている症例です。前歯を内側に移動させる事を得意にしています。日本人は鼻の低いのが特徴です。口もとを中には小臼歯の抜歯が必要です。それだけの事はあります。すべての治療はリンガルブラケットを用いて裏側からおこないました。

一覧へ戻る

page top