お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日

REMEDIAL EXAMPLE

治療例

Case No.92

出っ歯上下顎前突乱杭歯治療例

女性20代

治療例No.97 口元突出 乱杭歯 叢生

来院時の写真

気になっている点(主訴):乱杭歯 側切歯が内側に入っている 口もとが出ている

かなりでこぼこしています。上下の前歯は前に飛び出た感じを受けます。
歯も前歯はほとんど噛んでいません。
これだと歯みがきもしずらいせいか治療したあとも多くあります。
これだけデコボコしているとやはり歯を抜かなければなりません。。
抜かなければどうなるか?口もとが飛び出てしまいます。
治療したために横顔が悪くなります。
日本人は鼻の高い人種ではありません。欧米の白人とは違う所です。
では装置をはずす前の状態をお見せします。

治療中の写真

きれい治りました。
あともう少し隙間がなくなれば装置をはずします。
口もとも後ろにさがりすっきりしました。
お見せできませんが横顔もとてもきれいになりました。

今回もアンカーインプラントなど不要な外科手術をしていません。
表側に装置をつけることもありませんでした。
これはアイ矯正歯科が保証します。

掲載に協力していただきました。
ありがとうございました。これから矯正治療をとお考えの方の背中を押してくれたと思います。

先日、世界舌側矯正歯科学会に招待していただいて講演に行ってきました。
その時の事、ヨーロッパから来た歯科医師にこんな事を聞かれました。
"どうして日本人はこんなに歯並びも歯もきれいではないんですか?"
うまく答えられたどうかわかりませんが、歯に関して興味も知識もまだ不足しているんだと思いました。確かに日本は先進国です。さらにきれいな物を作る事でも知られています。
でもお口の中はそうではない?確かにな。
そんなところは遅れているのかもしれません。
だからこそ成人になってから裏側から見えない矯正治療はいかがでしょうか?
これは日本から生まれた物です。

DIAGNOSIS

院長 福井の診断ノート

診断名 : 叢生

口もとが出ています。前歯が前方に傾斜しています。さらに叢生状態があります。上下顎両側第一小臼歯を抜歯してリンガルブラケットで矯正治療をおこないます。

抜歯部位 : 上下顎両側第一小臼歯

         

治療に使用した装置 : リンガルブラケット

         

この治療に関して考えられるリスク(副作用)

前歯部にかなり叢生があります。う蝕などの予防をしながら治療していきます。

治療期間 : 33か月

         

費用 : 135万円~155万円

         

※費用については分割払いが可能です。詳しくはこちら          

       
FROM DOCTOR

担当医より

一覧へ戻る

page top