お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日

REMEDIAL EXAMPLE

治療例

Case No.69

乱杭歯治療例

男性30代横浜市鶴見区

治療例No.73 乱杭歯 八重歯

来院時の写真

気になっている点(主訴):乱杭歯 八重歯

上顎の前歯は完全に重なっています。
こうなると中に入っている前歯を抜くのか?
第一小臼歯を抜くのか考えるところです。
歯の形を考慮しなければなりません。

上下の歯列が狭窄しています。これはこの患者様の個性という事もありますが
少し拡大する必要があります。

その結果、中には入っている真ん中から2番目の側切歯を抜歯して排列する事にしました。

治療中の写真

側切歯を抜歯すると中切歯の隣に犬歯が排列します。
この患者様の場合は問題ありませんでした。
抜く歯の選択は間違いなかったようです。
こういう矯正治療を unusually extraction case と呼びます。
普通ではないと言う意味です。普通は小臼歯抜歯です。
難しいければ難しいほど治療のしがいがあります。

アンカースクリュウなどは使用していません。
上の最後方臼歯にだけ表側に装置を装着させていただきました。
今はこれすら行っていません。すべて裏側で解決しています。

DIAGNOSIS

院長 福井の診断ノート

診断名 : 重度な叢生

完全に側切歯が内側にブロックアウトされています。この側切歯2本を抜歯してリンガルブラケットで矯正治療しました。

抜歯部位 : 上顎側切歯 下顎第一小臼歯

         

治療に使用した装置 : リンガルブラケット

         

この治療に関して考えられるリスク(副作用)

側切歯を抜歯すると中切歯の横に先の尖った大きな犬歯が来ます。これを嫌がる患者様にはこの診断はできません。充分に説明し納得して頂く必要があります。

治療期間 : 30か月

         

費用 : 135万円~155万円

         

※費用については分割払いが可能です。詳しくはこちら          

       
FROM DOCTOR

担当医より

一覧へ戻る

page top