初回カウンセリングを予約する
お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日

REMEDIAL EXAMPLE

治療例

Case No.294

乱杭歯治療例非抜歯(仮)

女性 20代 横浜市鶴見区

治療例 No.302 相対捻転

来院時の写真

気になっている点(主訴): 前歯部が捻じれている

相対捻転です。左右の前歯がお互いにねじれています。わずかな叢生ですが、前歯だから気になります。他の歯はしっかり噛んでいます。このかみ合わせを崩さないように治療するのが難しい所です。

治療中の写真

上顎は全体にリンガルブラケットを装着しました。下顎は前歯部だけ部分的にリンガルブラケットを装着しました。あともう少しで装置を外すことができます。

DIAGNOSIS

院長 福井の診断ノート

診断名 : 前歯部叢生

前歯部に限局した叢生がありました。単純にリンガルブラケットを装着して排列すると出っ歯になってしまいます。そこでまず最初にクワッドヘリックス(緩徐拡大装置)で歯列をわずかに拡大しました。そのスペースを使ってリンガルブラケットを用いて排列しました。下顎は前歯は前歯部だけの部分矯正で排列しました。

抜歯部位 : 非抜歯

治療に使用した装置 : クワッドヘリックス、リンガルブラケット

この治療に関して考えられるリスク(副作用)

上顎前歯をブラケットによってだけ排列すると出っ歯になる可能性がありました。よく噛んでいる側方歯群の咬合を乱さないでおこなう必要がありました。

治療期間 : 9か月

費用 : 費用 : 135万円~155万円(税込)            

※費用については分割払いが可能です。詳しくはこちら          

FROM DOCTOR

担当医より

一覧へ戻る

page top