お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日

REMEDIAL EXAMPLE

治療例

Case No.262

出っ歯上下顎前突乱杭歯治療例

男性40代相模原市

治療例 No. 270 出っ歯 前歯部叢生 相対捻転

来院時の写真

気になっている点(主訴):出っ歯 前歯部叢生 口もとが出いる

出っ歯と前歯部叢生をリンガルブラケットを用いた治療を希望されてアイ矯正歯科に来院されました。前歯部叢生があります。相対捻転です。上下前歯ともに前方に傾斜しています。上下顎前突の傾向があります。口もとの突出感も気にされています。

治療中の写真

上顎は第一小臼歯、下顎は第二小臼歯を抜歯させて頂きました。抜歯したスペースは歯の移動で閉鎖しています。叢生状態は解消し、前歯も排列しました。横顔はお見せできませんが、口もとが出ているのが改善した事は容易に想像できると思います。

DIAGNOSIS

院長 福井の診断ノート

診断名 : 叢生を伴う上下顎前突

上下の前歯が前方に傾斜しています。上下顎前突です。前歯部に限局した叢生があります。特に下顎前歯に叢生が集中してあります。これは前歯の永久歯への交換が遅かったのではないかと推察できます。上下顎前歯を後方に移動する事、上下前歯部にある叢生を解消するために、上顎両側第一小臼歯、下顎は両側第二小臼歯を抜歯してリンガルブラケットで矯正治療をおこないました。

抜歯部位 : 上顎両側第一小臼歯、下顎両側第二小臼歯

         

治療に使用した装置 : リンガルブラケット

         

この治療に関して考えられるリスク(副作用)

上下前歯部に限局した叢生があります。ブラックトライアングルの出現について患者様に診断時に説明させて頂きました。また上下前歯を内側に移動させる必要がありました。前歯部歯根吸収を防ぐために強い矯正力を加えないように注意しました。

治療期間 : 33か月

         

費用 : 135万円~155万円

         

※費用については分割払いが可能です。詳しくはこちら          

       
FROM DOCTOR

担当医より

一覧へ戻る

page top