お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日


お問い合わせ・予約受付
045-572-8588
診療時間/AM10:00〜PM7:00
休診日/月曜日・祝日・第1、第4日曜日

REMEDIAL EXAMPLE

治療例

Case No.248

乱杭歯治療例非抜歯(仮)

女性40代相模原市

治療例 Case No. 257 非抜歯 叢生

来院時の写真

気になっている点(主訴):叢生

前歯部叢生をリンガルブラケットを用いて治療する事を希望されて来院されました。

治療中の写真

治療を開始して1年ぐらい経ったところです。デコボコはなくなりました。もう少し噛み合わせは安定させれば装置をはずせます。

DIAGNOSIS

院長 福井の診断ノート

診断名 : 叢生

前歯部全体に叢生があります。小臼歯を抜歯して排列するほどのスペースの不足ではありません。横顔、口もとにも影響はないので非抜歯でリンガルブラケットを用いて治療する事になりました。

抜歯部位 : 非抜歯

         

治療に使用した装置 : リンガルブラケット

         

この治療に関して考えられるリスク(副作用)

年齢が40歳を超えています。歯周病などに注意して治療を開始しました。毎回、お口の中は衛生士による機械的なブラッシングとスケーリングは来院時に毎回おこないました。

治療期間 : 12か月

         

費用 : 135万円~155万円

         

※費用については分割払いが可能です。詳しくはこちら          

       
FROM DOCTOR

担当医より

横顔の状態、前歯の傾斜角度、歯を排列するのに不足しているスペースの量などを総合的に判断して非抜歯で治療をしました。

一覧へ戻る

page top