最新治療例ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金
最新治療例ブログ
小児矯正について
求人案内
トピックス

2698A.jpg

この患者様の横顔のレントゲン写真(セファログラム、側面頭部X線規格写真)を計測した結果、下顎骨の後退による骨格性の上顎前突である事がが判明しました。上下顎骨の位置の不正は成人の患者様では根本的には手術以外には改善できません。手術治療の選択肢としてありました。そして治療に入る前のカウンセリングでもその事を説明させて頂きました。患者様はそれを望みませんでした。そこで何とか矯正治療だけでという事で治療を開始しました。さらに困難だったのは黄色い丸で囲んだ部分です。

上顎は右側小臼歯、下顎も右側小臼歯が完全に重なっていました。これだとこの部分の歯を抜いても前歯を内側に移動させる場所を得る事ができません。出っ歯(上顎前突)やでこぼこを治すには歯を移動させるための場所が必要になります。これだと歯を抜いただけでは改善しない事になります。まずは大臼歯を後方に移動させました。その後に小臼歯を抜歯しました。2段構えの大作戦でした。ベストを尽くしました。では最近の状態を見ていだだきます。

2698B.jpg

上顎は2本小臼歯を抜歯しました。下顎は重なっていた小臼歯を1本だけ抜きました。上顎の大臼歯を後方に移動しました。その結果、出っ歯もでこぼこも解消しました。あとはもう少し噛ませればリンガルブラケットをはずす事ができます。

患者様も難しい治療になる事をよく理解してくださっていました。"先生も大変ですね"とねぎらいの言葉をかけてくださいました。とても協力的な患者様でした。

今回もアンカースクリュウ(インプラント)などは使用していません。リンガルブラケット(フジタメソッド)の技術を駆使して治療をおこないました。あともう少しです。

患者様の御理解と協力は治療を成功にみちびきます。治療の結果は患者様を満足させ、そして私たちを幸せな気持ちにさせてくれます。有難うございました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://ai-kyosei.or.jp/mt/mt-tb.cgi/734

コメントする

絞り込み検索: の症例を見る