最新治療例ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金
最新治療例ブログ
小児矯正について
求人案内
トピックス

上顎側切歯が内側に入り込んでいます。

八重歯は上にあがったままなのですが、この患者様は下までさがって来ています。

そのために2番目の歯はさらに内側に入り込んでいます。


黄色いサークルで囲んだ歯は上顎左側第二小臼歯です。

この第二小臼歯には冠かぶさっています。これはすでに神経が取られている歯です。

歯の価値としては低いです。さらに将来抜く事になる可能性も大きいです。

こういった場合は前から4番目の第一小臼歯を抜歯するかわりにこの第二小臼歯を抜歯します。

この症例には不利な事になります。八重歯は3番目の犬歯です。

この歯を排列するのに有利な歯はそのすぐ後方にある第一小臼歯です。

しかし、冠がかぶっていればこの歯を抜く事になります。


いつものように治療が進んだ状態をお示します。

2831B.jpg

いかがでしょうか?冠がかぶせられていた第二小臼歯なくなりました。

これで悪い歯がなくなりました。

上下リンガルブラケットが装着されています。

歯も並びました。

アンケート修正.jpg

すべてAA評価をつけてくださいました。うれしいです。ありがとうございました。

患者様にはお二人のお子様がいます。とてもかわいい子です。おふたりで来られた時も下のお子様だけをお連れになった時も泣く事もなく大変お行儀がよかったです。スタッフのアイドル的存在でもありました。患者様だけで来られた時などは、"今日は天使はお父様と一緒ですか?"とお聞きする事があるぐらいです。

治療中にご結婚、出産を経験される患者様は多くいます。保育の事情でお連れになる方もいます。アイ矯正はゆったりとした診療所です。


トラックバック(0)

トラックバックURL: https://ai-kyosei.or.jp/mt/mt-tb.cgi/719

コメントする

絞り込み検索: の症例を見る