最新治療例ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金
最新治療例ブログ
小児矯正について
求人案内
トピックス

お口を閉じても唇から歯が出てしまう方に出会った事があると思います。

実はそういった方の前歯は常に乾燥した状態にあります。

プラークや歯石の沈着が多く

またぶつけたり、転んだりした時の外傷になりやすいです。

2562A with sa-kuru .jpg

赤いサークルの部分です。

すでに歯と歯茎の境目にはプラークの沈着があります。

下の歯も上の歯も小臼歯は抜歯されていて

すでに一度他の歯科医院で矯正治療の経験があります。

戻ってしまっています。

2562B.jpg

約1年間治療しました。あともう少しで装置が外れます。

今度は飛び出していた前歯もきれいに排列しました。

これですと歯周病やう蝕のリスクは軽減します。

この後は保定です。

アイ矯正では保定装置を2種類作ってお渡ししています。

1つはクリアタイプの装置、もう一つは耐久性のあるワイヤーと樹脂でできたタイプの装置です。

どちらをお使いになってもよいのですが

クリアタイプの装置は耐久性に問題がありますが、審美的です。

ワイヤーのついたタイプは審美的ではないのですが、耐久性があります。

患者様の好みにもよりますが

クリアタイプを日昼に使用して、ワイヤーのついたタイプを夜間使用するように指導しています。

今度はきちっと保定しましょう。

今回も上下フジタの第5世代ブラケットを使用しています。

表側には装置は一切装着していません。

アンカーインプラントも使用していません。

絞り込み検索: の症例を見る